スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京1日目

これからは、北京に行った時のことを書いていこうと思います。
北京は2度目でした。
前回は2007年の北京オリンピック前。
そのときは観光旅行だったので今回とは趣が全然違います。


まずは1日目。
集合は関西空港。
僕の家から電車でおよそ1時間。

最初に家を出たのは9:00ぐらいだったでしょうか。
忘れ物があるのに気づいては戻り、気づいては戻りを繰り返して、結局9:30出発に。

最寄り駅まで約30分。予定している電車は9:50分。
かなりぎりぎりです。

まぁ予定している電車の1本や2本後でも集合時間には充分間に合うようにはしてたのです。
駅から空港までがどれぐらい移動に時間がかかるのかよく分からなかったので、早めの出発でした。

道中スーツケースが重い…。10日分の荷物が入ってたのと、レンタルのスーツケースだったのでなんだかタイヤの動作がおかしかったのが原因です。かなり使い込まれているものらしい。
結局、関西空港に着いたのは10:50。集合時間の30分も前に着きました。

こういうのは、少なくとも見知っている人と行くようなものでしょうが、僕の学校からは他は誰もいない…。
集合したメンツを見ても、知っている人は誰もいなさそう…。
勉強会をあちこち行っている自分としては誰か1人ぐらい知っている人はいるだろうと思っていたのですが…。
人みしりの自分としてはかなり困りました。

スーツケースを預け、航空券をもらい、税関を通り、待合場に移動。
その間、いやにドラえもんが売ってある。貯金箱とティッシュケースとか。
やっぱドラえもんは良いです。心がいやされます。しかも昔の絵柄。衝動時に買いたくなりましたが、しょっぱなから荷物を増やしてどうするんだと自粛。

飛行機に乗り込み、離陸。
実は離陸と着陸がすごい怖いんです。
事故が起こるとすれば、離陸と着陸が多いはずなんで。
空を飛んでしまえば平気なんですが、離陸の時にもしも失敗して海に衝突するんではないか…。
毎回そんな思いが頭をよぎります。気にしないようにしていますが、これだけはどうしようもないです。

さて結果は…。
無事に離陸できました。
よかったよかった。

機内ではずっと寝ていました。
朝が早かったのと、無駄にテンションがそれまで高かったのと、離陸時の不安やらで着かれていましたから。
機内のサービス全部取ってません。
ひたすら寝てました。

着陸も無事成功しました。
北京空港です。

空が暗い。どうやら黄砂らしい。
異国なので言葉が通じない。当然か。
入国審査の人、なんだかおざなりな態度。なんだったんだろう?機嫌が悪かったのか?
それとも日本人だから?なんだか釈然としない気持ちで通過。

空港からはバスで移動。
ホテルは崑崙飯店。5つ星らしい。

前に北京に来た時は京倫飯店だったような気がする。そっちは4つ星。今回ランクが高い。
だからどうだと言われれば困りますが。

1日目はそれで終了。特に何かするわけでもないらしい。
部屋決めで少しごたごたがあったんですが、なんとかなった。
同室の人は同い年らしい。

6:00から席取りがあるから現地時間の23:00ぐらいに就寝。日本時刻では24:00.
なんて健康的なんだ。

そんな感じの1日目でした。
スポンサーサイト

北京二日目

遅くなりました。
北京の二日目です。

朝は現地時刻の5:00に起きました。
何故なら6:00から席取りがあるからです。

ちゃんと5:00に起きれて、用意を済ませ、勉強するところへ…。
と、ここで問題発生。
場所がどこだかわからない。前日にどこら辺かは聞いていたけどなんかあいてないっぽい(^_^;)
どこだろうと同室の人と探していたけど、結局良く分からなかったので先に朝食。
朝食はバイキング形式。
朝食を取っていると他の人たちが降りてきたので聞いてい見るともう空いてるとのこと。
その人についていってみれば、会場の場所を勘違い(^_^;)
もう少し奥の会場でした。

無事席取りもできて、朝食も取れたのは7:00位だったかな?
本来のセミナーは9:00からですが、8:00から日本の著明な先生をむかえてのモーニングセミナーというものがありました。
セミナーの詳細についてはここでは書けないので書きません。

ただ、この日の収穫としては中国の先生から火鍼を直接受けたこと。
これにつきます。
外関に5~6回程刺してもらえました。
火鍼とは、『霊枢』九針十二原篇では「大鍼」として載っているもの。
その名の通り、鍼を火で炙って身体に刺すというもの。
日本ではあまりやっていない手技です。
まぁ受けると絶対熱そうという見ためで倦厭されるからですが。

僕の場合はそれまで受けたことがなかったのですが、受けた人をみていて別に大丈夫そうだなぁという感じではありました。

受けてみると皮膚から「ジュッ」っていう音が…。
完全に焼けてるなぁという音です。
ただ全然熱くなく、針を刺された感覚のみがあるだけでした。
なんかすごいと思いました。

火鍼については傷寒論とかにも記載されています。
火鍼も練習してみたいと思った瞬間でした。


お昼ですが、この日は食べそこないました。
最初は人についていこうとしていたのですが、その人とははぐれてしまい、外に出ようにも出れなくなってしまいました(^_^;)
そもそも地理がよく分からないですからね。
はぐれたのも日本円も中国元に替えるのに手間取っていたからですが…。

後に聞いたところその人も地図を買うのに手間取っていたらしいです。

13:00から午後のセミナー。
なんか会場がよどんでいるような感じが…。
そう、みなさん食事をとられて眠気がおそっている。
そんな空気がすごいありました。
そういう僕もかなり眠かったです(^_^;)

夜は、何人かでキノコ鍋を食べに行きました。
ホテルから40分ぐらい歩いていったところでした。
たらふく食って一人100元とかそんなんだった気がします。
日本円になおして1500円ぐらいです。けっこうおいしかったですよ。
ただ、これが悲劇の元その1になるとは思いもよらなかったですが…。

北京三日目

この日も5:00に起きて用意をして、6:00に席取りに行き、6:15から食事。
8:00からモーニングセミナー。9:00からセミナーでした。

この日のお昼は前日にキノコ鍋を食べに行った人についていきました。
目的地はコンビニ。

コンビニ。一体どんなコンビニだと思いますか。
実はセブンイレブンさん。

セブンイレブン。北京市内のいたるところにありました。
あの感じだとコンビニ=セブンイレブンだと思われてるんじゃないでしょうか。北京市民には。

日本の企業だけあって、日本製品を中国語に置き換えたものも売っていました。
となりのトトロのぬいぐるみまで売ってましたからねー。
かなりかわいらしかったので、思わず買いたい衝動にかられてしましましたよ。
そこまでジブリ好きではないんですけでが。
そういう衝動にかられるのはドラえもんだけで充分なので自重しました。
かなりたかかったですし。

そんな感じであったので、当然のごとくおむすびとか売っているんですよ。
しかも値段に結構ばらつきあり。
確か…安いので5元(75円相当)ぐらい。高いもので10元ぐらい(150円相当)だったような気がします。

おむすびだけでなく、飲み物とかも結構値段のばらつきがあるんですよね。
コンビニではないですが、スーパーでコーラとかは3元ぐらい(45円相当)なのに、ハワイの深層水とかは100元ぐらい(1500円相当)するんですよね。この差は一体何なのかよく分かりません。

この日はおむすび1個と日本の味付けのやきそば(たぶん)を買ったと思います。

それをホテルに戻って食べました。
おむすびはあれですね。日本だと味付けのりですが、中国では普通ののりのようで、のっぺりとしていました。
やきそばの方はおいしかったのですが、温めてもらった方がよかったなー、と後悔。だって、どういえばいいか分からなかったんですもん。

13:00からはセミナーでした。
やっぱり眠かったです(^_^;)

さて、この日の晩御飯ですが、とある先生についいって羊だと記憶していますが、肉を食べに行きました。
そこで中国初めてのビール。アルコール度数は3%ぐらいのやつです。
僕はかなり飲める方なのでそういうのはお茶の如く飲めちゃうんですよね。
結構飲める方だと言うと、意外と驚かれるんですよ。何故か。
こないだも言われちゃいましたし。
まぁこれは僕が年相応に見えないのもあると思いますけどね。

鍋はおいしかったです。サラダだと思いますが、そのなかに辛いものが含まれていたり、いろんな味が楽しめたわけですが…。

この羊の肉が悲劇の元その2になるとは…。

この日も22:30ぐらいにホテルにもどり、24:00ぐらいには寝ていました。
同室の子は、この日「王府井(わんふーちん)」に行って、『霊枢』の本を買っていたようです。
「王府井」は、商店街みたいなとこで、そこに大きな本屋さんがあるようです。
これを聞いて、よし!いろんな本買ったろうと決意しました。
この決意が持って帰る時の苦労を増やすけっかになろとは、やっぱり思っていなかったです。

北京四日目

この日も5:00に起きました。
ですが、他の日と違ってこの日は起きてから調子がわるかったんです。

用意とかしてたら少し調子が上がったんでまぁ大丈夫だろうと思って会場に行ったんですが…。

なかなか会場が開かない。どうやら、ホテルのカギを管理する人が遅刻しているらしい。
代わりの人がカギを持ってきたけれども合わない様子。

そんなこんなをやっていたてようやく開いたと思ったら7:15。
一時間以上待たされました。
かなりの時間だったので、その間に調子がかなり悪くなってしまいました。
しかもかなりの気が散じた感覚がありました。

そしてそのまま朝食。なんかあんまり食べれないし、食べても吐き気がする…。
そんな感じなので朝食もそこそこに切り上げて、モーニングセミナーまでの間に少し部屋で休みました。

そして8:00からのセミナー。
なんとか受けてたんですが、どんどん吐き気がしてきて、途中で抜けてトイレで少し吐きました。
吐いたら少しましになったんですが、周りの先生方から休んだ方がいいといわれてので、自室で寝ました。

一旦起きたのは11:30ぐらいだったと思います。
ひと眠りして結構ましになったんです。

だからセミナー出ようかなぁと思ったんですが、朝のセミナーは12:00まで。
今から行ってもあんまり意味がないと思ったのでちょっと休んでいました。
すると、12:30ぐらいに一緒に参加された先生が治療してくれるということだったので、治療を受けてみました。
その先生は鍼ではなく手技で治療していきました。後から聞いた話だと気功だとか。
10分ぐらい受けていると、こんど開業される先生がやってこられて交代。

その先生の針を受けてみると…。吐き気がまたやってきて、かなりの量を吐きました。
人間、こんなに胃に食べ物が入っているんだと感心するぐらい吐きました。
その先生もこんなに吐いた人は初めてだと言われる程吐きました。

吐いた原因はやっぱり食べ物でしょうね。
それに中国行く前に学校関係の事でいろいろ動いていましたから、その疲れとか。

すなわち脾虚。脾虚の症状がほとんど出ていたようにも思えました。
初日の飛行機の中で寝てたのもその疲れがあったからこそなんでしょうね。

鍼を受けては吐き、受けては吐きを繰り返して2時間ぐらいでようやく治まってきました。
それでも少し刺激のある手技をされると、吐く。
その時の針を受けている感触としては、鍼で雀啄されていると全然感じないことでした。
ある程度やって初めて刺されている感覚が出てくるというものでして…。
先生はそれは調子が悪いからだと言われました。
成程。

胃に内容物がない程吐きまくったせいか、大分気持ち的にも安定してきたので、また眠りました。
それは17:00ぐらいだったと思います。

それから20:30ぐらいに気功の先生の中断していた手技を一通りやってもらうことになりました。
するとまた吐き気が。

1時間ぐらい受けて落ち着いた時に、鍼で治療してもらった先生の同室の先生に診てもらいました。
その先生からは食当たりという診断が下りました。
食あたりといえば、「裏内庭」ですよね。
両足が同じ熱さになるまで据えられました。

最小は確かに左右でお灸の熱さが違っていました。
どんどん透熱で据えられてやばいぐらい熱さも感じるようになってきても、左右がそろってないからもっとやるとか…。
ホント、やばいぐらい熱かった…。こんな熱いお灸は初めてと云えるほど熱かった。
でもお灸をしてもらったおかげか大分気分が良くなりました。
ふぅ…。

というわけで、北京の四日目は鍼と気功と灸の治療を受けて終わりましたとさ。
ていうか、どんだけ迷惑かけたんだか…。

北京五日目

この日も5:00起床、6:00に席取りに行きました。
前日にあんなことがあったので、朝は食べずにモーニングセミナーに参加しました。

やはりいろんな人から心配されました。
調子的には微妙にしんどいながらも問題ない程度だったので、大丈夫でした。
昼はバナナをいただいたのでそれだけですましました。

昼はそんな感じだったのに、夜はがっつり北京ダックを食べることになってしまいましたが(^_^;)
いや、たまたまついていった人たちが流でそうなったとしかいいようがなかったんですよね。
もともとは王府井(わんふーちん)の本屋さんに連れて行ってもらったのが、晩はどうしようかということになって、なんかそういうことになってしまいました。

ちなみに、王府井(わんふーちん)ではいろんな本をみたものの、お金がそこまでなかったので数冊の本で我慢しました。晩のお金だけでも残しておかなければなりませんでしたからね。
この時は現代的な鍼灸の本を買ったと思います。

北京ダックはおいしかったですが、量が半端なく来る来る。正直食べきれない。
どうやら中国ではお客さんに対して食べきれない量の料理を持ってきてもてなすとか。
皿の物が全て空になれば、足りなかったということになり、礼を欠いた行為になるらしい。

そういえば、『三国志演義』でもそんな場面があったような気がします。
曹操が勘違いして殺人をおかしたときのくだり。
詳しくは覚えていないんで書きません。

とにかく食べきれない量をもってきますが、この場合無理に食べずに、食べれる分だけ食べましょう。日本ではあまり良くないことですが、中国では普通なので。

この日も早く寝ました。
5日目で基本的なセミナーは終わりました。

6日目、7日目は自由行動。
此の時はお金を引き出して王府井に沢山の本を買いに行こうと決意していました。

北京六日目

この日は自由行動の日。
どうしようかと思っていたら、古典をよく読んでおられる先生に本屋巡りのお誘いがあったので、喜んで着いていくことになりました。

本屋は3件いくとのこと。しかも移動は地下鉄。
僕は北京の地下鉄には乗ったことが無かったので、地下鉄初体験となりました。
向こうの地下鉄は一部区間を除いてどこまで乗っても一人2元(日本円に換算して約30円)です。
しかもICカード。近年できた線が多いからってかなりのハイテクぶりでした。

崑崙飯店は北京地下鉄10号線「亮馬橋」という駅のすぐ近くにあります。
そこからまず10号線で「国貿」まで向かい、1号線に乗り換えて「西単」まで行きました。

西単駅の近くには、北京図書大厦という所があります。医学書はそこの4階にありました。
ここでは古典の本と現代鍼灸の本は半々みたいでしたが、数冊購入。
薦められたものと、買った方がいいなぁと思った本を買ったのでした。

次に「西単」の駅から「王府井」の駅に行き、駅からちょっと歩いた所の王府井書店に向かいました。
ここは2回目。ちなみに医学書は5階です。
前回はお金がなかったことからあまり買っていませんでしたが、今回はお金をあらかじめ沢山用意していたので、古典系を中心にめぼしい物を購入。

次に「王府井」の駅から「建国門」まで向かい、2号線に乗り換えて「東直門」の駅まで行きました。
「東直門」の近くには「中国中医科学院」があり、そこに本屋さんと道具屋さんがありました。
ここで他の北京に来ていた人と合流したりしました。
ここでは『類経』と『黄帝内経』を購入。
道具屋では経穴人形や箱灸、棒灸等、いろいろとおもしろいものを見つけましたがこのときは時間の関係上買えませんでした。

お昼は「中国中医科学院」の近くの家庭料理屋さんで食事。
なんかこういうお店の方が口にあっていました。

そこから帰る為に移動。
2号線で「東直門」から「建国門」、「建国門」から1号線で「国貿」、10号線で「国貿」から「亮馬橋」と移動してホテルに戻りました。
夜は、お昼についていった先生方と餃子のお店に行きました。ここもおいしかったです。

次の日も自由行動。特に用事など決めてないなかったので、また「中国中医科学院」に行こうと考えてました。

北京七日目

この日は前日の疲れから11:00ぐらいに起床。
その為、朝ご飯とか食べれず(^_^;)

一人で部屋に居るのもなんなんで、東直門の「中国中医科学院」まで一人で行ってみて、鍼灸道具を買ってみようと思いました。部活の先生からも買ってこいと言われていたものもあったんで。

この時は地下鉄の2元、バスの1元をけちって歩いてみました。僕は歩いて出かけるのがわりと好きなのです。
崑崙飯店から西に向かって歩いていき、セブンイレブンがありそこでお結びを買って南下。大きな通りを更に西に向かって東直門駅にたどりつき、なんとか「中国中医科学院」にたどり着きました。
実は方向音痴のけがある僕なので、そこまで迷わずに着けたのが奇跡ですね。

道具屋さんでたのまれていた棒灸、日本で探していた短管灸、棒灸のフード等を購入。
その後は帰って部屋でゆっくりしていました。

夜ごはんは同室の人とおかゆを食べに行きました。おかゆ専門店というのがあるんですよ。値段もそんなに高くなかったし。たしか10元前後(約150円)だったかと。それでもけっこうおいしかったです。

夜はパンダのキーホルダーを頼まれていたので買い物できるところを探す。この目的をすっかり忘れていたのですよ(^_^;)
団結湖というところにある北京雅秀服装市場、南鑼鼓巷にあるパンダ専門店ARUYOに目星をつけました。
次の日は11:00に集合がかかっていたので、団結湖は崑崙飯店からはそう離れていない所にあったので、これまた歩いて行ってみようと思いました。雑誌をみる限りでは9:00からやっているみたいだし。
ARUYOの方は21:00までやっているみたいだったので戻ってから行ってみようと思いました。
プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。