スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇経治療について その1

今、奇経治療について考えています。
奇経治療というのは、正経十二経脈(いわゆる経絡の流れというやつです)以外に、奇経八脈と呼ばれるものを利用する治療法です。

奇経八脈というのは、督脈、任脉、陽維脈、陰維脈、陽蹻脈、陰蹻脈、衝脈、帯脈のことを指します。

奇経治療は、これら奇経の組み合わせによって、いろいろな症状が緩和するという、大変臨床にも役に立つものです。
実際に僕も受けたことがあるんですが、一気に痛みが引いていくかんじですね。大変良いものです。

この組み合わせは、  
     (任脉)    列欠 ―     照海    (陰蹻脈)
(陰維脈)  内関 ―     公孫    (衝脈)
(陽維脈)  外関 ―   足臨泣  (帯脈)
     (督脈)  後渓 ―    申脈    (陽蹻脈)

というふうになっています。
あ、それぞれは経穴、所謂ツボというやつです。
これらの経穴は、すべて正経十二経脈に含まれています。
すなわち、

      列欠→手の太陰肺経           照海→足の少陰腎経  
 内関→手の厥陰心包経       公孫→足の太陰脾経
外関→手の少陰三焦経  足臨泣→足の少陽胆経
    後渓→手の太陽小腸経       申脈→足の太陽膀胱経

です。
これで分かる通り、手と足の組み合わせに必ずなっていることに気づかれると思います。
実際に、手と足の経穴を刺すことによる治療法です。

何故、これらの経穴を刺すのかを理論面から考察してみました。

まず、正経十二経脈によって考えてみます。
これらを見てみると、陰経同士、陽経同士の組み合わせであることが分かります。

さらに陽経同士では、同じ陽の状態です。
つまり、手足の少陽の組み合わせ、手足の太陽の組み合わせということです。
陰経は、太陰を中心に、厥陰、少陰の組み合わせです。

これらを子午流注で 表すと、図のように なります。奇経の組み合わせは、十二支同士で線を引きました。

奇経用、正経十二経脈.jpg

陰経の組み合わせ(列欠― 照海、内関― 公孫)は手の経から足の経に向かうと、沖している(対角線上の)十二支から1つ進めたところにあります。

手足の組み合わせということなら、陽経のように隣同士(手の太陰肺経なら足の厥陰肝経)がいいような気もしますが、足の陰経から手の陰経の接続は胸腹部で、顔の方まではいっていません。体のバランスを調整するにはあまりむいていないと思われます。
また、冲の関係は手足の組み合わせになります。即ち寅(手の太陰肺経)の冲は申(足の太陽膀胱経)、戌(手の厥陰心包経)の冲は辰(足の陽明胃経)です。これらの組み合わせは一見よさそうです。いろいろな意味で陰陽が和合していますからね。(陰経と陽経の組み合わせになるということもそうですし、子から巳が陽、午から亥が陰なので)
しかし沖の関係とは互いに克しあう関係(傷つけあう関係ということ)ですので、良くありません。そこで次の経に移ると足の経になるので、こっちの方が体に良いということでしょうか。


陽経の組み合わせ(外関― 足臨泣、後渓―申脈)は隣同士であることが分かります。

手の少陽三焦経と足の少陽胆経は外眼角で、手の太陽小腸経と足の太陽膀胱経は内眼角でつながっているので、全身を巡ることになり、体の上下のバランスを取るのには最適です。また、同じ陽の状態なので、その効果は一層高まるということでしょうか。

子午流注でうまいこと説明がつきそうですが、寅と巳だけ仲間はずれになっているような気がしたため、これとは違う考えをしたいと思います。しかしこれだけでかなり長くなってしまったので、続きは奇経治療について その2にて説明したいと思います。


6/10追記
奇経治療のなかには、
(手の少陰心経)  通里―太衝 (足の厥陰肝経)
(手の陽明大腸経) 合谷―陥谷(足の陽明胃経)
の組み合わせもあるようです。
それぞれがどの奇経に属してるかは分かりませんが、子午流注で考えると、
午→丑
卯→辰
となり、上で書いてる関係にあてはまるので、寅と巳が仲間外れになってるとは言えなくなりました。
その2では、違う考え方の方が良いと結論ずけたのですが、子午流注で考える方がすっきりしてていいかもしれません。
スポンサーサイト

奇経治療について その2

さて、それでは続きをいきます。

奇経によって各経穴は規定されているので、それぞれ対になっているであろう奇経の組み合わせを正経十二脈で考えてみます。
すなわち、

(任脉)    手の太陰肺経   列欠― 後渓   手の太陽小腸経(督脈)
(衝脈)    足の太陰脾経   公孫―足臨泣  足の太陰脾経(帯脈)
(陰維脈)  手の厥陰心包経  内関― 申脈   足の太陽膀胱経(陽蹻脈)
(陰蹻脈)  足の少陰腎経   照海―外関   手の少陽三焦経(陽維脈)    

これをみると、任脉-督脈、衝脈-帯脈は蔵府の相克、陰蹻脈-陽蹻脈、陰維脈-陽維脈は比和の関係にあります。

また、今度は左右三部の図というものから考えていきます。
左右三部の図というのが正しい名称かは分からないのですが、王叔和撰・張世賢注『校正図註脈訣』の中にこういう名称で載っていました。

こういう図です。

左右三部の図
 
これは、六部定位の脈診を表したもののようです。
左右三部では、十二支と十二経脈の関係が、子午流注と微妙に変わっています。

さて、この図を奇経の組み合わせで色を分けてぬるとこのようになります。

奇経、奇経の組み合わせ.jpg

陰経の組み合わせは、手から足まで3つ(手自身も含める)順行(十二支順に動くこと;時計回り)したところにあり、陽経の組み合わせは、手から足まで5つ逆行(十二支順とは反対方向に動くこと;反時計回り)したところにあることが分かります。


『五行大義』 巻一、第三 「論数」、第二 「論五行及生成数」には、『考経援神契』というものからの抜粋で、「一を以て立て、二を以て謀り、三を以て出で、四を以て滋し、五を以て合し、六を以て嬉み、七を以て変じ、八を以て舒べ、九を以て列し、十を以て鈞くす」という記載があります。

これで考えると、順行によって足の陰経まで出で、逆光によって足の陽経と合すと解釈できます。
順行は陽、逆行は陰なのでここで陰陽が和合しています。

ここまでで考察すると、奇経治療とは子午流注で考えるよりも左右三部で考えた方がよさそうです。
左右三部とは脈診のことなので、奇経治療とは脈診による治療を発展させたものではないかということが言えます。
いろいろな経穴を刺していくと、それにあわせて脈が変わっていくので、その反応点として奇経治療ができあがったのかと。とても当たり前のことを言ってるよな気がします(汗)

さて、今度は経穴自体と奇経の流注によって考えていきたいと思いますが、それは奇経治療について その3で。

追記
奇経治療のなかには、
(手の少陰心経)  通里―太衝 (足の厥陰肝経)
(手の陽明大腸経) 合谷―陥谷(足の陽明胃経)
の組み合わせもあるようです。
それぞれがどの奇経に属してるかは分かりませんが、どちらの組み合わせでも3つ順行することになるので、この左右三部の考え方ででは合いません。
子午流注で考えた方が良いと思います。その組み合わせでちょっと考えたことがあるので、一通り奇経治療について書いた後にまとめていきたいど思います。

奇経治療について その3(陽維脈)

奇経治療の3回目です。こうやってみると色々と説明が難しいですね。ある程度まとめてから書かないといけないですから。

さて、今回は奇経の流注とそれぞれの経穴について考えてみたいと思います。

しかし、入江正氏がその著書『経別・経筋・奇経療法』において
「(奇経は)流注が確定しているとは思われない事である。日本とヨーロッパに伝えられた流注でさえも異なっており……」(P138)
と言われることが正しいのであれば、今まで言われてきた奇経の流注を見直す必要性があります。
のですが、今は『奇經八脉攷』に載っている流注(経穴の註は省略します。)と、『類経図翼』これは勘違いでした小曽戸丈夫先生の『難経・新釈』にある奇經八脈図によって奇経の経穴を『鍼灸甲乙経』による穴性で何か分からないかみていくことにします。

陽維脈の流注
陽維は諸陽の會より起こる。その脈は足の太陽の金門穴に發す。陽交で足の少陽と會い、陽維の郄と爲す。膝の外廉を循り、脾厭を上り、少腹側に抵り、居髎で足の太陽と會う。胸肋を循りて肘上を斜上し、臂臑で手の陽明、手足の太陽と會う。肩前を過りて臑會と天髎で手の少陽と會う。却って肩井で手足の少陽、足の陽明と會う。肩の後に入りて、臑兪で手の太陽と陽蹻と會う。上りて耳後を循りて、風池で手足の少陽と會う。腦空、承靈、正營、目窗、臨泣を上り、額を下りて、陽白で手足の少陽と陽明の五脈に會う。頭を循りて耳に入る。上りて本神に至りて止む。凡そ三十二穴。

経穴の穴性
金門(膀胱経)…陽維の分かるる所に属すなり。太陽の郄。
陽交(胆経)……陽維の郄。
居髎(胆経)……陽蹻、足少陽の會。
臂臑(大腸)……手の陽明の絡會。
天髎(三焦経)…手足の少陽、陽維、陽蹻の會。
肩井(胆経)……手足の少陽、陽維の會。
啞門(督脈)……督脈、陽維の會。
風府(督脈)……督脈、陽維の會。
風池(胆経)……足の少陽、陽維の會。
腦空(胆経)……足の少陽、陽維の會。
承靈(胆経)……足の少陽、陽維の會。
正營(胆経)……足の少陽、陽維の會。
目窗(胆経)……足の少陽、陽維の會。
臨泣(胆経)……足の太陽、少陽、陽維の會。
陽白(胆経)……足の少陽、陽維の會。
本神(胆経)……足の少陽、陽維の會。

外関(三焦経)…手の少陽の絡。

陽維脈の流注で分かることは、総ての経穴が陽経と會していることです。
これは流注の最初の「諸陽の會」を受けていることが分かります。

こうしてみると、『奇經八脉攷』に記載されている會と、『鍼灸甲乙経』に記載されている穴性はほとんど同じであることが分かります。
しかし、以下のような細かな違いがあります。

居髎の會が足の太陽。
臂臑が手の陽明、手足の太陽。
肩井の會が足の少陽、足の陽明。
風池の會が手足の少陽。
陽白の會が手足の少陽と陽明の五脈(陽維脈を含めてか?)

また、少し流注が異なります。
これらは『奇經八脉攷』の著者、李時珍の考え方が反映されていると思われます。『鍼灸大成』でも確認してみましたが、流注は違っています。
奇経に関することは素問・霊枢には記載が少なく、『鍼灸甲乙経』においても、陽維脈の流注の記載は無いに等しいですからね。しかし、『類経』や『鍼灸大成』といった明の書物でも流注があまり定まっていないというのはどういうことでしょう?明の時代という割合最近でも、奇経自体があまり認識されていなかったということでしょうか。入江氏が指摘するように、今の流注が正しいかどうかも怪しいものです。

さて、ここでいろいろ疑問がわいてきます。
陽交で陽維脈の郄穴と定めているのにもかかわらず、奇経治療では総穴として外関を使うのも何か意味のあることなのでしょうか?
また、『類經図翼』では内関も陽維脈としていますが、『鍼灸甲乙経』では陽維脈とされていないようです。この総穴がいつぐらいに定められたのかも気になります。『鍼灸大成』にも纏まった記載はなさそうです。
本当の流注というものはどういうものでしょうか。
これに関しては入江氏が自説としての流注を、著書『経別・経筋・奇経療法』において示しているのでこれがヒントになりそうです。これも流注はかなり異なりますが…。

陽維脈だけで相当書いてしまったので、続きは奇経治療について その4で。一応全ての奇経の流注をこういう風にして書いていくつもりです。

奇経治療について その4(帯脈)

だいぶ間があいてしまいました。
続きを書いていこうと思います。

今回は帯脈です。

『奇經八脉攷』の流注
帯脈なる者は、季脇の足の厥陰の章門穴から起こる。足の少陽の帯脈穴と同じくし、身一周を囲うこと束帯然の如し。又、五樞と維道で足の少陽と會う。凡そ八穴。

『鍼灸甲乙経』の穴性
章門(肝経)…足厥陰、少陽の會。
帯脈(胆経)…氣府論註云う、足の少陽、帶脉二經の會。
五樞(胆経)…氣府論註云う、足の少府、帶脉二經の會。
維道(胆経)…足少陽、帶脉の會。
臨泣(胆経)…足少陽脉の注ぐ所なり。兪と爲す。

帯脈は非常に少ないことが分かります。
穴性を見ると、足の少陽胆経と深い関わりがあることが言えると思います。
五樞の氣府論註の少府は、少陽の間違いでしょうか。
この穴性を見る限り、足の少陽胆経の別経である可能性があります。

足の少陽経別の流注を調べて見ました。その記述は『霊枢』の『経別篇』に載っています。

足の少陽経別の流注
足の少陽の正は、或いは諸陰を以て別るる者が正と為す。別るる者は、季脇の間に入り、胸裏を循り、膽に属し、散じて肝に之き、上りて心に貫き、以て上りて咽を挟み、頤頷の中に出で、面を散じ、目系に繫がり、少陽の外眥に合す。

とあるので、足の少陽経別の途中までが帯脈に属していそうです。

『奇經八脉攷』では、帯脈のことをこう言っています。
帯脈は則ち腰を横に囲み、状は束脈の如し。諸脈を總約するゆえんの者なり。この故に陽維は一身の表を主り、陰維は一身の裏を主る。

これはすなわち、帯脈がなければ陰維脈と陽維脈が存在できないようです。
維脈(陽維脈、陰維脈)のことを『奇經八脉攷』では、『一身の綱維』とするため、維脈という縄のつなぎ目を保つ役割を担っているのが帯脈なのでしょう。

陽維脈-帯脈の組み合わせは、陽維脈を出現させ、そしてその働きを強めるために帯脈を選んでいそうです。

次は、陰維脈について書こうと思いますが、続きは奇経治療について その5で。

奇経治療について その5(陰維脈)

今度は、陰維脈です。

『奇經八脉攷』の流注
陰維は諸陰の交より起こる。その脈は足の少陰の築賓穴より起こり、陰維の郄と爲す。上りて股の内廉を循り、上りて股の内廉を循り、上りて小腹に入る。府含で足の太陰、厥陰、少陰、陽明に會う。上りて太横、腹哀で足の太陰と會う。脇を循りて期門で足の厥陰と會う。胸膈を上りて咽を挟み、天突、廉泉で任脈と會う。上りて前頂に至りて終わる。

『鍼灸甲乙経』の穴性
築賓(脾経)…陰維の郄。
府舎(腎経)…足太陰、陰維、厥陰の會。これ太陰の郄にて、三陰、陽明の支別なり。
大横(腎経)…足太陰、陰維の會。
腹哀(腎経)…足太陰、陰維の會。
期門(肝経)…足太陰、厥陰、陰維の會。
天突(任脉)…陰維、任脉の會。
廉泉(任脉)…陰維、任脉の會。
内関(心包経)…手心主の絡

前頂(督脈)…督脉の氣の發する所。

『類経』「奇経八脈図」と『奇經八脉攷』で流注はほとんど変わりませんが、『奇經八脉攷』では前頂で終わるようです。
陰維脈は『奇經八脉攷』で『諸陰の交』と言うように、陰経の経穴で成っていることがわかります。
足の太陰脾経と會することが多いので、足の太陰経別を調べてみました。

足の太陰経別の流注
足の正は則ち別れ、上りて脾に至り、陽明に合い、別と俱に行り、上りて咽に絡い、舌本を貫く。

僕の今の状態では、どういう流注であるかは分かりませんが、おそらく足の太陰経別とは関係なさそうです。ですが足の太陰腎経とは密接に関係がありそうですね。

次は衝脈についてですが、これは奇経治療について その6(衝脈)で。

奇経治療について その6(衝脈)

衝脈についてです。

『奇經八脉攷』の流注
衝は経脈の海と爲す。又は血海と曰う。その脈と任脉の眥は少腹の内包中より起こり、その浮にして外なる者は、氣衝より起こる。足の陽明と少陰の二經の間に並び、腹を行り、上りて行り、横骨に至る。臍を左右各五分夾み、上行して太赫、氣穴、四滿、中注、盲兪、商曲、石關、陰都、通谷、幽門を歴す。胸中に至りて散ず。凡そ二十四穴。

『鍼灸甲乙経』の穴性
公孫(脾経)…別ちて陽明に走る、太陰の絡なり。
三陰交(脾経)…足太陰、厥陰、少陰の會。

氣衝(胃経)…足の陽明脉氣の發する所。
横骨(腎経)…衝脉、足少陰の會。
大赫(腎経)…衝脉、足少陰の會。
気穴(腎経)…衝脉、足少陰の會。
四満(腎経)…衝脉、足少陰の會。
中注(腎経)…衝脉、足少陰の會。
肓兪(腎経)…衝脉、足少陰の會。
商曲(腎経)…衝脉、足少陰の會。
石關(腎経)…衝脉、足少陰の會。
陰都(腎経)…衝脉、足少陰の會。
通谷(腎経)…衝脉、足少陰の會。
幽門(腎経)…衝脉、足少陰の會。

『類経』「奇経八脈図」と『奇經八脉攷』の流注は、『類経』「奇経八脈図」に公孫、三陰交がある以外すべて同じです。
特に横骨から幽門にかけては少陰腎経を通っているので、足の少陰腎経の別経と考えられます。

『奇經八脉攷』には、
衝脈は會陰より起こる。臍を夾みて行り、上に直衝して諸陰の要衝と爲す。故に十二經脉の海と曰う。

とあります。
諸陰とは腎経の各経穴のことでしょう。要衝ということなのでかなり重要な流れということになります。
そういえば、『素問』の『上古天真論』では腎気は人が成長する上で重要なものでもあると説いてますが、それと関係があるのでしょうか。



陰維脈-帯脈の正体は実は足の少陰腎経の別絡同士である可能性がありますね。総穴である内関と公孫の関係は分かりませんでしたが…。あえて言うならどちらも絡穴であることですが、奇経の総穴全てが絡穴ではないのでこれは関係ないでしょう。
維脈と帯脈は関係があるとのとでしたが、陰維脈と帯脈との関連性は薄そうです。

次は陽蹻脈についてですが、それは奇経治療について その7(陽蹻脈)で。

奇経治療について その7(陽蹻脈)

今度は陽蹻脈です。

『奇經八脉攷』の流注
陽蹻なる者は、足の太陽の別脈なり。その脈は跟の中より起こり、外踝に出で、下りて太陽の申脈穴より起こる。踵後の遶踵に當り、以て僕参を本とす。上りて、外踝を上ること三寸、以て附陽を郄と爲す。直上して股の外廉を循り、脇後の脾上を循り、臑兪で手の太陽、陽維と會う。上りて肩摶の外廉を行り、巨骨で手の陽明と會う。肩髃で手の陽明、少陽と會う。人迎を上りて口吻を夾む。地倉で、手足の陽明、任脈と會う。足の陽明と同じくし、上りて巨窌に行る。復、承泣で任脈と會う。目の内眥に至りて手足の太陽、足の陽明、陰蹻五脈と睛明穴で會う。睛明より上行し、髪際に入り、耳後を下り、風池に入りて終わる。凡そ二十二穴。

『鍼灸甲乙経』の穴性
申脈(膀胱経)…陽蹻の生ずる所なり。
僕参(膀胱経)…足太陽、陽蹻の會。
附陽(膀胱経)…陽蹻の郄。
居窌(胆経)…陽蹻、足少陽の會。
臑兪(小腸経)…手太陽、陽維、蹻脉の會。
肩髃(大腸経)…手陽明、蹻脉の會
巨骨(大腸経)…手陽明、蹻脉の會
人迎(胃経)…足陽明脉氣の發する所。
地倉(胃経)…蹻脉、手足陽明の會
巨窌(胃経)…蹻脉、足陽明の會。
承泣(胃経)…陽蹻、任脉、足陽明の會。
睛明(膀胱経)…手足太陽、足陽明の會。

風池(胆経)…足少陽、陽維の會。

風池で終わる以外は全て同じようです。
ここで初めて総穴の記述がありました。陽蹻の生じる所ですか…。
そういえば、いままで郄穴はありましたが、生じる所という記述はありませんでしたね。
総穴は、奇経が生じる所なのでしょうか。それなら、維脈、帯脈、衝脈のどれもが記述があってもおかしくないはずです。『明堂』が書かれたときに見つかってなかったか、記述が漏れたか、あるいは意図的にはずしたかのどれかでしょう。

要穴が僕参と附陽の2つあるのも特徴的ですね。それに全て陽経であることも分かります。
足の太陽の別経というのは、初めと終わりの方が膀胱経だからでしょうか。

『奇經八脉攷』では、
陽蹻は踵の中より起こり、外踝を循りて、身の左右を上行す。陰蹻は踵の中より起こり、内果を循りて身の左右を上行す。機關をして蹻捷ならしむるゆえんなり。

とあります。蹻捷とは人が歩いて動くことを指すようです。つまり、蹻脉が体を動かしているのです。陰蹻脈と陽蹻脈は同じ場所(踵)から起こり、内側と外側とに分かれているので、陰陽で分けて呼んでいるということでしょう。

次は督脈ですが、続きは奇経治療について その8(督脈)で。

経穴の数が非常に多いんで、はしょる可能性があります。

奇経治療について その8(督脈)

いろいろあって更新できませんでしたが、学校も夏休みに入り、時間がたくさんあるので奇経について一気に更新していくことにします。あと3つですしね。

しかししばらく見てない間にかなりカウンターが回ってる気が
この一週間の間にいろんな人が見てくれたのでしょうか。
そういう人たちの為にもとっとと奇経は終わらせていきますよ。



さてさて今回は督脈です。といっても、督脈と任脈は『素問』に詳しく書かれていますし、奇経の中でも特に知られるものなので、得れることは少ないかもしれないですが…。

まぁ、いつも通りのいきあたりばったりでやっていこうと思います。

『奇經八脉攷』の流注
督は乃ち陽脈の海なり。その脈は督下の胞中より起こり、少腹に至る。
乃ち腰間骨門の中央を下行し、溺孔の端に繋がる。男子は茎下を循りて簒に至り、女子は陰器を絡う。
簒の間に合し、倶に簒の後の屏翳穴を繞う。別ちて臀を繞い、少陽に至る。
太陽中の絡なる者と合す。少陰は股の内廉を上り、會陽より脊を貫き、長強穴で會い、少陰と會う。
脊の裏を弁じて上行し、腰輸、腰關、命門、懸樞の脊を歴す。

『鍼灸甲乙経』の穴性
長強…督脉の別絡。少陰の結ぶ所。
腰兪…督脉の氣の發する所。
陽関…経穴の記載なし。
命門…督脉の氣の發する所。
懸樞…督脉の氣の發する所。
脊中…督脉の氣の發する所。
中枢…経穴の記載なし。
筋縮…督脉の氣の發する所。
至陽…督脉の氣の發する所。
霊台…経穴の記載なし。
神堂…督脉の氣の發する所。
身柱…督脉の氣の發する所。
陶道…督脉、足太陽の會。
大椎…三陽、督脉の會。
瘂門…督脉、陽維の會。
風府…督脉、陽維の會。
腦戸…督脉、足太陽の會。
強間…督脉の氣の發する所。
後頂…督脉の氣の發する所。
百会…督脉、足太陽の會。
前頂…督脉の氣の發する所。
顖会…督脉の氣の發する所。
神庭…督脉、足太陽、陽明の會。
素髎…督脉の氣の發する所。
水溝…督脉、手陽明の會。
兌端…手陽明脉氣の發する所。
齦交…記載なし。

後渓…手太陽脉の注ぐ所なり、兪と爲す。


督脈はそんなに変なことはなかったですね。やはり『素問』、『霊枢』に記載のあるものはほぼそのまま踏襲されていっているということでしょうね。

『奇經八脉攷』では督脈が起こった付近しか書かれていない感じですが、おそらく経穴がたくさんあるので最初だけにしておいてのでしょう。

『鍼灸甲乙経』には経穴の記載のないものがちらほら見受けられます。
「(腰)陽関」、「中枢」、「霊台」の3穴です。しかしこれは別に不思議なことではなく、『鍼灸甲乙経』には背部兪穴の厥陰兪の記載もないので、これらは晋の時代以降に見つけられた経穴だと考えられます。

『奇經八脉攷』では督脈については、
督脈は会陰より起こり、背を循りて身の後ろを行ぐる。陽脈の総督と為す。故に陽脈の海と曰う。
といっています。
つまり督脈は陽脈を総括するものなのでしょう。陽維脈、帯脈、陽蹻脈も流注が陽経を通って行くので陽の作用が強いと思われますが、督脈はそれらを総括しているというので、これらを強める働きや一番陽の作用が強いものだと思います。

その為、後渓-申脈というのは、申脈によって陽蹻脈を生じさせ、督脈によって作用を強めるということでしょう。

次は陰蹻脈ですが、続きは奇経治療について その9(陰蹻脈)で。

奇経治療について その9(陰蹻脈)

今回は陰蹻脈です。

『奇經八脉攷』の流注
陰蹻なる者は、足の少陰の別脈なり。その脈は足少陽の然谷穴の後の跟の中より起こる。足の少陰と同じくして、内踝の下の照海穴を循る。内踝の上二寸を上り、以て交信を郄と為す。直上して陰股を循りて陰に入り、上りて胸裏を循り、缺盆の上に入り、人迎の前に出でて咽喉に至る。鳩の内廉に入り、上行して目の内眥に属す。晴明で手足の太陽、足の陽明、陽蹻五脈と會いて上行す。凡そ八穴

『鍼灸甲乙経』の穴性
然谷(腎経)…足少陰脉の溜る所なり。滎と為す。
照海(腎経)…陰蹻脉の生ずる所。
交信(腎経)…陰蹻の郄なり。
睛明(膀胱経)…手足太陽、足陽明の會。氣府論の註に云う、手足太陽、足陽明、陰陽蹻五脉の會。

陰蹻脈は照海が総穴ですが、これが陰蹻脈の生ずる所になっています。このことは陽蹻脈の申脈も同様でした。つまり蹻脉の生ずるところが総穴となっているということです。ということは、他の総穴も各奇経の生ずる所であっているということでしょう。

『陰蹻なる者は、足の少陰の別脈なり』というように、陰蹻脈は確かに腎経の別経みたいですね。

陰維脈と帯脈も腎経の別経ととらえたのですが、ここでも腎経の別経であるととらえました。これほどまでに腎というのは大事なものなんでしょうね。

次は任脉ですが、続きは奇経治療について その10(任脉)

ようやく経穴ごとの考察は終わりになります。

奇経治療について その10(任脈)

さて、任脉です。

『奇經八脉攷』の流注
任は陰脈の海と為す。その脈は中極の下の少腹の内の會陰の分より起こる。上行して外に出で、曲胃を循り、毛際を上りて中極に至る。足の厥陰、太陰、少陰と同じくして並び、腹裏を行り、関元を行る。
乃び石門、氣海を歴し、陰交で足の少陽、衝脈と會う。神闕、水分を循り、建里を歴す。下關で足の太陰と會い、中脘で手の太陰、少陽、足の陽明と會う。上腕、巨關、鳩尾、中庭、膻中、玉堂、紫宮、華蓋、璇璣を上り、咽喉を上る。天突、廉泉で陰維と會う。頣を上り承漿を循り、環唇上で手足の陽明と督脈に會い、下りて齦交に至る。復、出でて別れて面を循り、两目の下の中央に繫る。凡そ二十七穴。

『鍼灸甲乙経』の穴性
会陰…任脉別絡。督脉を挟む衝脉の會。
曲骨…任脉。足厥陰の會。
中極…膀胱の募なり。足三陰、任脉の會。
関元…足三陰、任脉の會。
石門…三焦の募なり。任脉の氣の發する所。
気海…任脉の氣の發する所。
陰交…任脉の氣の發する所。
神闕…経穴の記載なし。
水分…任脉の氣の發する所。
下脘…足太陰、任脉の會。
建里…記載なし。
上脘…任脉、足陽明、手太陽の會。
巨關…心の募なり。
鳩尾…任脉の別、
中庭…胃の募なり。手太陽、少陽、足陽明生ずる所、任脉の會。
膻中…記載なし。
玉堂…任脉の氣の發する所。
紫宮…任脉の氣の發する所。
華蓋…任脉の氣の發する所。
璇璣…任脉の氣の發する所。
天突…陰維、任脉の會。
廉泉…陰維、任脉の會。
承漿…足陽明、任脉の會。

列欠…手太陰の絡。分かちて陽明なる者に走る。

任脈の流注もほとんど変わらないですね。見つかっていなかったと思われる神闕と最後に齦交が来ているだけの違いです。
やはり『素問』・『霊枢』に記載のある督脈・任脈は流注がそこまで変わらない感じです。

任脈について『奇經八脉攷』では、
任脈は會陰より起こり、腹を循りて身の前を行り、陰脈の承任と為す。故に陰脈の海と曰う。

とあります。承任とは身体について任されているという意味だと思います。
陰脈の海とあるので、陰維脈・衝脈・陰蹻脈といった陰の作用のあるもののうち、陰の作用が一番強いということになります。

つまり任脈は陰の作用が最も強いもので、身体のバランスを主っているものなんでしょう。

その為、列欠-照海は照海で陰蹻脈を生じさせて任脈でその作用を強化させているのだと思います。

これですべての奇経について書けました。

今度は作用について考察したいのですが、おそらくその内容は学校の方に投稿すると思うので、しばらくこっちの方では書きません。学校に提出し終わった時や、結局奇経については書かなかった時に挙げることにします。

次は今までのことをまとめていきたいと思います。

奇経治療について その11 まとめ1

長らくお待たせしました。ちょっとしんどくて長らく更新できませんでしたが、とりあえずいままでのまとめにはいります。

まずは、奇經八脈がそれぞれどういうものだったかをまとめていきます。

陽維脈
初めに載せて、それでいて一番やっかいなものでした。諸家によって流注が一番かわっているものだと思います。『和漢三才図会』の寺島良安も陽維脈の流注はいろいろな説があると書いているほどです。ですが『鍼灸甲乙経』の穴性を見ると、足の少陽胆経を多く通っていることから胆経の別経とも考えられます。

帯脈
足の少陽胆経の別経。

陰維脈
足の太陰腎経の別経。

衝脈
足の太陰腎経の別経。

陽蹻脈
足の太陽膀胱経の別経。

督脈
奇経のうちで、陽の作用が最も強いもの。

陰蹻脈
足の少陰腎経の別経。

任脈
奇経のうちで、陰の作用が最も強いもの。

こうみてみると、奇経とは何かの別経であるみたいですね。特に、陰維脈・衝脈・陰蹻脈は全て足の少陰腎経の別経です。これらはすべて陰脈をわたっていくので、奇経の陰の作用があるものは、腎の気を全身に渡らすたものではないでしょうか。腎の気は人が成長するためにはなくてはならないものですし、生殖も腎が担っています。
また、会陰穴は任脈の別絡で、督脉を挟む衝脉の会と『鍼灸甲乙経』では言っています。つまり任脈・督脈も腎と関わりが深いのではないかと示唆されます。督脈と任脈は奇経の代表格です。任脈は陽維脈・帯脈・陽蹻脈を束ね、督脈は陰維脈・衝脈・陰蹻脈を束ねます。これを考えると、奇経とは身体に腎の気を通すラインではないかと思います。
陰脈には足の少陰腎経の別経として全身に流れ、陽経には胆経、膀胱経の別経として全身に流れていくということではないでしょうか。

腎の気は人体にとって非常に大切なものなので、腎の気をうまく全身にめぐらさなくてはいけません。その役割を担っているのが奇経ということになるのではないでしょうか。疾患が起きた時に奇経を使って治療できるのは、腎の気によって悪い所の気をうながし、正常な状態にもっていくことができるのではないかと考えられます。



次は、奇経治療の経穴の組み合わせです。
外関-足臨泣は、外関によって陽維脈を生じさせ、帯脈(足臨泣)で作用を強める。
内関- 公孫は、内関によって陰維脈を生じさせ、衝脈(公孫)で作用を強める。
後渓-申脈は、申脈によって陽蹻脈を生じさせ、督脈(後渓)によって作用を強める
列欠-照海は、照海によって陰蹻脈を生じさせ、任脈(列欠)によって作用を強める。

こうしてみると、奇経は作用が弱いため、他の奇経でもって自身の作用を強めないと治療の効果がでないのではないかと思います。
僕の学校で配られた資料によると、治療したい奇経の総穴を選び、その後対となる総穴をとると、その奇経が良くなるとされています。すなわち、

陰維脈 内関→公孫
衝脈 公孫→内関
陰蹻脈 照海→列欠
任脈 列欠→照海
陽維脈 外関→足臨泣
帯脈 足臨泣→外関
陽蹻脈 申脈→公孫
督脈 後渓→申脈

という組み合わせです。この通りだとすると、やはり奇経は自身の作用が弱いために、その働きを強めるために違う奇経の力を借りているとみた方がいいでしょう。
その作用点が総穴であり、奇経治療なのだと思います。しかし、蹻脉以外の総穴は『類経図翼』「奇経八脈図」には載っていないようですし、奇経の郄穴と分かっているものがあっても、郄穴を使わずに総穴が使われているのもよく分かりません。また、奇経治療の最初の資料である『鍼經指南』は特効穴扱いで載っているような感じです。
つまり所謂奇経治療は本当に奇経に作用しているわけでなく、上で考察したように、正経の別絡に働きかけるものでないかと思います。蹻脉にある経穴が含まれている為に奇経治療と呼んでいるのではないかと…。もしくは、『鍼經指南』の作者がこの八穴を奇経と結びつけれなかったとも考えられます。最初に奇経と結びつけた資料があればこのへんのことが分かるのではないかと思いますが…

とりあえず奇経はこれまでです。よく分からないままに議論を進めてきたので、よくわからない結論になってしまいました。
このあたりの資料はホントに少なく、日本語の資料はほとんど見ずに書いてきたので、既出の本でなにがしらのヒントや答えになっているものがある可能性もありますね。

鍼の種類と勉強会

今回は古典ではなくて、鍼の種類と勉強会について少し。

鍼っていろんな種類がありますね。
普通、学校で教えてもらう鍼は豪鍼ですが、他にも小児鍼であったり、打鍼であったり、三稜鍼であったり、ローラー鍼であったりいろんな鍼がありますよね。

治療の幅を持たせるためにはいろいろな鍼を自分自身で受けてみて、使えると思ったモノを選ぶのも重要だと思っています。僕は学校の付属の治療院で鍉鍼を受け、その効果の高さ(良い意味、悪い意味の両方体験しています)に自分でも扱ってみたいと本気で思いました。今回縁があって鍉鍼を買うことができたのですが、大変うれしく思っている一方、もらったばかりなのでしょうがないと思いますが、全然扱いきれてないんです。

鍉鍼が経脈に沿って反応しているんだろうなぁという感覚や、おそらく気の停滞しているところだろうなぁという感覚とかはあるんですが、そこからどうすれば正常な気の流れに持って行けるかが分からないんです。実際に原穴やゆ穴に当てても気の補しゃが行えているのかどうかも謎ですし・・・。まぁまだ適切な配穴とかも全然分かならい段階なので、そこまでいってからの話しなのかもしれないですが・・・。

ちなみに打鍼も受けたことがあり、鍉鍼ほどでは無かったのですがそれなりに効果があったので打鍼もやっていきたいとは考えてはいますが、こっちは購入の機会がありながらも断念せざるを得なかったのです。

基本的に刺激の少ない鍼や手技を身につけたいと思っているんで、こういう鍼を選んでいくことになるんだと思います。奇経治療もやりたいですし、刺激の少なめの勉強会の手技も会得したいと思っていますしね。

ですが刺激の弱い鍼だけではもったいないとも思っています。ある勉強会で左腰が悪い例で自ら実験台に名乗り挙げて長めの中国鍼で中国式?の環跳を刺してもらったことがあるんですが、結構深くまで刺入したときにかなり響き、それからしばらく腰痛がなくなるという効果も体験しているので、弱刺激のみに留まらずにいろんな手技を体験したいなぁとも思っています。

そうするといろいろな勉強会を回らざるをえなくなるんでどうしようか、という感じですが、とりあえず気に入ったところからってところでしょうね。

正奇経統合理論というのがあるらしい

こないだ実家の方に帰った時、よく行ってた本屋で鍼灸関係の本を見ていたら、「正奇経統合理論とその臨床 正経・奇経・正奇経統合理論(著:山下詢)」という本を見つけ、思わず買ってしまいました。
内容は、タイトルの通り、正経と奇経を統合してしまおうというものです。

内容は奇経の解説とその総穴にあたる12経との関係を論じてから、そこから奇経と正経を組み合わせていくというもの。おそらく奇経について研究している唯一の本ではないかな、と思います。僕が適当に書き散らしたこととかも書かれていて、うれしかったりなんだったり。

まだ読んで間もないので統合の理論までは理解できていないですが、奇経のところにかんしてはなるほどー、と思いながら読んでいます。まぁテストがあるんで深くは読めないですが…。

奇経の見方がこれでがらっとかわりそうです。この本と入江正氏の「経別・経筋・奇経療法」を読み比べてみてもおもしろそうです。

経筋や経別

最近、経筋や経別といった、経絡の中でも日本ではあまり注目されていない部分が気になっています。

特に、経筋の働きは面白そうです。
筋肉の異常でどこか調子が悪くなってくる。つまりは筋肉の付き方によって身体に不調が現れるという考え方なので、現代人にも理解しやすいかなぁという感じです。

経筋はそれぞれの経絡の流注とほぼ同じながらも、少し違うところもあるので、その違うところの差を利用できれば治療の幅も広がるんじゃないかと思います。


僕の症状とかを見てると、経脈よりも経筋の方に異常があり、経脈がそれに引きずられているんじゃないかと。僕は腰や肩背部に痛みがでることが多く、治療の中で大尻筋・中尻筋辺りに鍼を刺されると足先まで響きが伝わるんで(^_^;)、どうしてかなぁと思ってたんですが、経筋の考えを取り入れると別に不思議なことではないですね。
大尻筋・中尻筋、腰、背中は足の太陽経筋の流注上にあるみたいなんで、背中や腰を傷めやすいのは当然かと思います。

筋肉の付き方とかなら一応西洋系に近い考えだと思い、現状、経絡系に偏りすぎてる自分としては西洋系を勉強するきっかけになるかなぁと。まぁ経筋はもっと幅広くカバーできるはずですが。


経別は陽経と陰経をつなげる役目を担っているらしいので、経脈を整えようと思うと経別は非常に重要な位置を占めると思われます。

しかし、西洋系を勉強するきっかにしようと思っていても、なんかさらに東洋系の思考に偏ってしまいそうな気もしますが、おそらく気のせいでしょうね

三部九候脈診とは

現代で一般的に用いられている脈診は「六部定位脈診」ですが、それだけではなく、いろいろな脈診があります。
例えば、『素問』の脈法は「三部九候脈診」、『霊枢』の脈診は「人迎・気口脈診」、『難経』の脈診は「寸口部脈診」、「菽法脉診」等、他にもいろいろな脈診があります。

今回、『鍼灸甲乙経』を写していて、ちょうど「三部九候脈診」の所になりました。実はどんな脈診かかなり楽しみにしていました。そしていろいろ解説をみていると、「三部九候脈診」に使われる部分が人によって違うんじゃないかと思ったので、ここで整理してみたいと思いました。

まず、「三部九候脈診」とは、頭、胸、足と身体を3分割し、それぞれの場所において3つの動脈を診ることでどこが悪いかを判断する脈診です。

『素問』 三部九候論篇 第二十
『鍼灸甲乙経』 巻ノ四 三部九候 第三
によると、 
上部の天は両額の動脈なり。上部の地は両頬の動脈なり。上部の人は耳前の動脈なり。
中部の天は手太陰なり。中部の地は手陽明なり。中部の人は手少陰なり。
下部の天は足厥陰なり。下部の地は足少陰なり。下部の人は足太陰なり。

上部の天を以て頭角の氣を候い、地を以て口歯の氣を候い、人を以て耳目の気を候う。
中部の天を以て肺を候い、地を以て胸中の氣を候い、人を以て心を候う。
下部の天を以て肝を候い、地を以て腎を候い、人を以て脾胃の氣を候う。

とあります。
上部、中部、下部が身体を三等分にしたときの名称、
天、地、人がそれぞれの場所で三等分したときの名称を表しています。

さて、ここで問題となるのがそれぞれの動脈がどの部分を指しているかです。

石田秀美先生の『黄帝内経素問』の解説を見ると、
上部の天は太陽穴。上部の地は居りょう穴。上部の人は耳門穴。
中部の天は経渠穴。中部の地は合谷穴。中部の人は神門穴。
下部の天は太衝穴。下部の地は太谿穴。下部の人は衝陽穴。
となっていました。

中国の張燦甲先生は、『鍼灸甲乙経』の注釈で、『太素』、『素問・王冰本』、『類経』の註によって、以下のように定めています。
上部の天は頷厭穴。上部の地は地倉穴、大迎穴。上部の人は和りょう穴。
中部の天は寸口部。中部の地は労宮穴。中部の人神門穴。
下部の天は五里穴、女は太衝穴。下部の地は太谿穴。下部の人は期門穴。

また、菊池亨先生は、著書「あきらめないで、鍼ならここまで治る」の中で、
上部の天は太陽穴。上部の地は居りょう穴。上部の人は耳門穴。
中部の天は寸口部。中部の地は合谷穴。中部の人神門穴。
下部の天は五里穴。下部の地は太谿穴。下部の人は期門穴。
としています。

みごとにバラバラですね。
一応、中部の天、地、人は一致しているようですが、張燦甲先生は中部と下部は手足の陰経で統一されているも関わらず、手の陽明経とするのはおかしいのではないか。それならば手の厥陰経の労宮が来るべきだとして、中部の地を労宮穴としているようです。

動脈といえば、『難経』の一難で動脈について書かれていて、『難経集注』では呂広と楊玄操による注釈があります。
それぞれの要点を抜き出すと

呂曰く、足太陽は委中が動く
     足少陽は耳前が動く。  楊曰く、下關穴なり。又、懸鍾が動く。
     足陽明は趺上が動く。       衝陽穴なり。又、人迎・大迎が動く。
     手太陽は目外眥が動く。      瞳子りょう穴なり。
     手少陽は客主人が動く。      又、聴會が動く。
     手陽明は口邊が動く。       地倉穴なり。
          又、陽谿が動く。
     足厥上゚は人迎が動く。       按ずるに、人迎は乃ち足陽明脉にて、足厥上゚に非ざるなり。
     按ずるに、厥上゚は回骨において脉動す。

     足少上゚は內踝下が動く。      太谿穴なり。
     足太上゚は髀上が動く。       箕門穴なり。
     手少上゚は掖下が動く。       極泉穴なり。又、靈道、少海が動く。
     手心主は勞宮が動く。
     手太上陰は太淵が脉動す。     又、尺澤・侠白・天府が動くなり

おそらくここにヒントがあるかなぁという感じです。

ここのみを参照にすると、
上部の天は-。上部の地は-。上部の人は下關穴もしくは懸鍾穴。
中部の天は太淵穴。中部の地は陽谿穴もしくは労宮穴。中部の人は霊道穴もしくは少海穴。
下部の天は-。下部の地は太谿穴。下部の人は期門穴。
-はここでは同定できない経穴です。

頭がこんがらがってきそうですが、張燦甲先生が言われているところと一致しているかその周辺部であるかですね。これ以上は考えれません。「三部九候脈診」に詳しい人に聞いてみたいものです。
プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。