スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍紹介 その1 学生・一般向け書籍

僕が持っている古典以外の本の中で、これは読んだ方が良いと思ったものや、すごいと思ったものを紹介します。

・「漫画ハリ入門―楽しくわかる経絡治療」(作:池田 政一 画:湯沢 敏仁 出版社:医道の日本社)
初学者から読める本です。東洋医学の考え方が分かりやすく紹介されています。
針に興味をもたれた方は一読されることをお勧めしますが、この本の内容が全てではないということも念頭において読んでください。


・「まんが経穴入門―ツボの名前の由来、作用、主治がよくわかる」(作画:周 春才、訳:土屋 憲明)
経穴の成り立ちや、経穴の名前の意味、主治が載っています。非常に分かりやすいです。
注意点としてはWHO拠準の教科書とは一部名称が違うところがあります。版で訂正が入っているかもしれません。


2010/03/06 追加
・「はりきゅう基礎技術学」(著:有馬義貴/編 出版社:南江堂)
鍼や灸の練習の仕方、いろいろな鍼、灸のやり方について書かれています。その他に吸角についても書かれています。
特に鍼や灸のやり方についてはかなり参考になると思いますよ。


・「子宝地図」で赤ちゃんを授かる ! ―幸せを引き寄せる不妊治療(著:馬場 乾竹 出版社:ごま書房新社)
一般向けですが、得ることは大変多いです。「心持ち」の大切さに気付かされました。


・あきらめないで!「鍼」ならここまで治る―菊池式脈診流鍼灸・漢方の驚異(著:菊池 亨、藤巻 一保 出版社:学習研究社)
この本も一般向けになると思いますが、東洋医学的なこともまとめられています。患者さんの気持ちになって治療するということが如何に大切かが分かりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。