スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきました

東京から帰ってきました。
東京は鉄道の乗り換えが大変でしたが楽しかったですよ。
"あの"行事も並ぶのは大変でしたが、おもしろかったです。
また行くかと言われても、誰かの付き添いでしか行かないと思いますが。


さて、古書屋が集う神保町で鍼灸関係の本を仕入れてきました。

戦利品は
「周易正義」(出版社:台湾中華書局)
「五雑俎」(訳:藤野 岩友 出版社:明徳出版社)
「鍼灸治療学-正径と奇径の運用-」(著:山下 詢 出版社:医歯薬出版株式会社)
「臨床経絡径穴図解」(著:山下 詢 出版社:医歯薬出版株式会社)
「五行思想と礼記月令の研究」(著:島 邦男、出版社:汲古書院)

古書ではないですが
「反応点治療―経絡もツボも使わない新しい鍼灸治療」(著:河村 広定 出版社:医道の日本社)


それぞれどんな本かというと、
・「周易正義」
八卦について詳しく解説している本。ただし、白文なので解読にかなり時間がかかりそうです。


・「五雑俎」
「和漢三才図会」に引用されている部分が多かったので購入しました。


・「鍼灸治療学-正径と奇径の運用-」
・「臨床経絡径穴図解」
このブログでもちょくちょく名前を出させてもらっている山下詢先生の著作。
すごく分かりやすく、この理論を用いて治療してみたいと思っています。
他の山下詢先生の本も見つけたら購入したいです。
「臨床経絡径穴図解」は改訂版が売られているようなので、多少早まったかもしれません。


・「五行思想と礼記月令の研究」
鍼灸の本ではないですが、五行思想について書かれている本。
以前から探していた本だったので迷い無く購入。
書いてることはかなり難しかったので、ちょっとづつ理解していこうと思います。


・「反応点治療―経絡もツボも使わない新しい鍼灸治療」
とある勉強会の教科書になっている本。触診の大事さに気づかされた勉強会。
以前から買おうと思っていたんですが、近くの本屋では見つけられなかったので見合わせていた本。
今回東京で見つけれたのでつい買ってしまいました。


という感じです。
上でも書きましたが、山下詢先生の本は揃えたいですね。
奇径以外でもかなり勉強になることがたくさんあります。
ちょっと読んだだけでも得たものはかなりありましたから。
詳しく知りたいところがはしょられているので、違う本でカバーできたらいいなぁと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。