スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周易その5 コインによる占い方(3)

それでは、コインによる易の占い方をまとめてみましょう。

①コインを3枚用意する。
②占いたいことを念じながらコインを投げ、それを6回繰り返す。
③コインの裏と表の比率によって「太陰」「少陰」「太陽」「少陽」が決まり、出た順番に下から上へ積み上げていく。「太陰」と「太陽」がでた場合は之卦を考慮して占う。
④一度占ったことは占わない。

④は特に大事です。悪い結果がでたからといって、占いなおしてはいけません。易は一発勝負なのです。

まぁこんなところですね。

易には64個の卦があります。名前の付き方は上の卦(上卦)の自然・下の卦(下卦)の自然・○○というのがほとんど。
例えば、上卦が「坎」、下卦が「離」ならば、「坎」の自然は「水」、「離」の自然は「火」なので、「水火既済」(すいかきせい)の卦となります。

また、なかには上卦と下卦が同じ場合があります。
例えば「乾」と「乾」ならば「乾為天」、「坤」と「坤」なら「坤為地」と、「卦」為「その自然」という風に名前が付けられています。
あとはそれぞれがどのような意味を持っているかが分かれば、易で占うことができたというわけです。
それぞれの意味は違うWEBサイトや書籍に譲りますが…。

こうとらえると、易はそんなに難しくはないですね。
他の四柱推命などは、生年月日時から十干十二支を導き出して、それぞれの関係を考えなければならないので、初学者にはまず無理です。僕もまだよく分かりませんから(^_^;)

これでコインによる易の占い方は以上ですが、これからも易の歴史やらなんやらを挙げていくつもりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。