スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五行について

それでは「五行」についてみていきましょう。
そもそも「五行」とはどういうものなのでしょうか。

歴史的に見てみると、最初に「五材」という、人間が生活するのに最低限の要素から出発したようです。
すなわち、「木(植物)」、「火」、「土」、「金(金属)」、水です。
これをいろいろなものにその性質等から同定していったものが「五行」となったようです。
五行とは、「木行」「火行」「土行」「金行」「水行」のことです。
あえて行とつけたのは、そこまで意味はなかったりしますが、こういうような表現をする場合もあるのでつけてみました。
これら五行には様々な性質があるので、それらをみていくことにします。


「木」の性質
      形体は「温柔(おんじゅう)」。「温かで柔らかいもの」を指します。
      性質は「(曲直きょくちょく)」。「曲がったり、真っ直ぐになること」を意味します。
      これらより物象には、「樹木」や「草木」、「風」等ががあてはまります。

「火」の性質
      形体は「明熱(めいねつ)」。「明るく熱いもの」を指します。
      性質は「炎上(えんじょう)」。「燃え上がること」を意味します。
      これらより物象には、「炎」や「太陽」等ががあてはまります。

「土」の性質
      形体は「含散(がんさん)・持實(じじつ)」。「包容力」・「実のあるものを保持するもの」を指します。
      性質は「稼穡(かしょく)」。「種をまいて収穫すること」を意味します。
      これらより物象には、「大地」や「山」等ががあてはまります。

「金」の性質
      形体は「強冷(きょうれい)」。「強く冷たいもの」を指します。
      性質は「従革(じゅうかく)」。「加工して形が変わること」を意味します。
      これらより物象には、「金属」、「鉱石」等ががあてはまります。

「水」の性質
      形体は「寒虚(かんきょ)」。「寒く虚しいもの」を指します。
      性質は「潤下(じゅんか)」。「潤い下ること」を意味します。
      これらより物象には、「河」や「霧」等があてはまります。

このようになります。五行には「形体」と「性質」の2つがあります。これらからどのようなものが当てはまるかを類推します。
類推したものが「物象」であり、様々なものが分類されています。分類することを「五行配当(ごぎょうはいとう)」といい、さまざまなものが五行に振り分けられています。

 
五蔵
五府
五季
五方
五味
五精
小腸
長夏
中央
大腸
西
膀胱

これらは一例です。
他にもいろいろな配当があります。
それらの一部は、細かく話すときに紹介していきます。

五行の基本的なところはこれぐらいですかね。次は五行同士の性質についてみていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。