スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十干の配当

では、十干(じっかん)についてみていきたいと思います。
この十干というのは日付として使われています。それは商(殷)の時代から使われているので、かなり歴史は古いです。

十干とは五行を陰陽に分けたものです。
木の陽…甲(こう  きのえ  木の兄)
木の陰…乙(おつ  きのと  木の弟)
火の陽…丙(へい  ひのえ  火の兄)
火の陰…丁(てい  ひのと  火の弟)
土の陽…戊( ぼ  つちのえ 土の兄)
土の陰…己( き  つちのと 土の弟)
金の陽…庚(こう  かのえ  金の兄)
金の陰…辛(しん  かのと  金の弟)
水の陽…壬(じん みずのえ 水の兄)
水の陰…癸( き  みずのと 水の弟)

音読みと訓読みがあります。訓読みの「え」と「と」は兄弟(兄が「え」、弟が「と」)を意味しています。
日本では兄弟としていますが、中国では兄妹としているので、この違いは押さえていた方が良いです。
何故「兄妹」としているかは、十干の相剋に関わってくるからです。これはまた後ほど説明します。

また、上旬、中旬、下旬という言葉もおそらく十干がらみだと思われます。
10日たつと十干が一回りするからです。
昔の暦では月終わりは必ず29日か30日だったので、これを3分割すると10日ずつになります。
旬=10日ということなんでしょうね。

それでは十干それぞれをみていきましょう。
「甲」
   「押(おう)」のことです。「万物は春になると開き、冬になると閉じること」を表しています。
   象は「直木(ちょくぼく)」。「大木」等、「乾いた木」を表します。

「乙」
   「軋(あつ)」のことです。「万物がからを破って、自らきしみながら抜け出ること」を表しています。
   象は「従木(じゅうぼく)」。「草木」等、「湿った木」を表します。

「丙」
   「炳(へい)」のことです。「万物が強大になり、明らかに形をあらわすこと」を表しています。
   象は「明火(めいか)」。「太陽」等、「勢いよく燃える火」を表します。

「丁」
   「亭(てい)」のことです。「万物が成長してゆくと、ある時期に止まろうとすること」を表しています。
   象は「暗火(あんか)」。「蝋燭」等、「静かに燃える火」を表します。

「戊」
   「茂(も)」のことです。「万物が枝や葉を繁茂すること」を表しています。
   象は「燥土(そうど)」。「堤防」等、「乾いた土」を表します。

「己」
   「紀(き)」のことです。「万物が成就した時に、筋目があること」を表しています。
   象は「湿土(しつど)」。「田畑」等、「湿った土」を表します。

「庚」
   「更(こう)」のことです。「万物がみな縮んであらたまること」を表しています。
   象は「剛金(ごうきん)」。「鉄金」等、「硬い金属」を表します。

「辛」
   「新(しん)」のことです。「万物に実が新たにできること」を表しています。
   象は「軟金(じゅうきん)」。「宝石」等、「軟らかい金属」を表します。

「壬」
   「任(じん)」のことです。「万物が閉じ、いだみはらむこと」を表します。
   象は「明流(めいりゅう)」。「河」等、「大量の水」を表します。

「葵」
   「揆(き)」のことです。「万物が筋道をたてて芽生えること」を表しています。
   象は「暗流あんりゅう」。「霧」等、「少量の水」を表します。

このようになります。
長くなったので、十二支は次にしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。