スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇恒の府その1 序

最近「奇恒の府」というものを調べていました。
それはある勉強会で発表するためにやっていたのですが、その調べてみたことを少しずつ公開していこうと思います。

テスト期間に入るんでしばらく文章が書けません。、そのうめあわせということです。


 学校の授業で五蔵について習っていたとき、「腎は精を蔵す」ということを教わっていたときのことでした。
『腎精とは先天の精のことである。この腎精が養っているのは髪、髄海(脳)、耳、歯、骨、脊髄、骨髓で、もし腎精が不足してくると老化が進むことになる。』というような説明を受けました。
この説明を受けた時、腎精が養っているものはひょっとしたら「奇恒の府」ではなかったかと思い、すぐに調べてみたら、「腦・髓・骨・脉・膽・女子胞」の六つが「奇恒の府」に属しているということでした。
 腎精が養っているもののなかで、脳、骨、髓(脊髄・骨髓を含む)は「奇恒の府」に属していましたが、他の耳、歯、髮は「奇恒の府」に属していなかったので完全に「腎精の養う所」=「奇恒の府」というのは勘違いでした。
しかし、脳、骨、髓が腎と関係があるならば、これら「奇恒の府」は五蔵と何かしらの関係があるのではないかというのが疑問の始まりで、もし五藏と関係が深ければ、認知症等で脳に対して治療を施す時には指標にもなるからです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。