スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇恒の府その6 女子胞

 次に女子胞です。

女子胞は『素問識』によると、
「張は云う、子宮是なり。」

とあるので、女子胞とは子宮のことを指しているのが分かります。

ただ、『素問』『霊枢』では「女子胞」の使用箇所は「奇恒の府」を説明している『素問』五蔵別論(11)のみで、後は「胞」としています。

『素問』奇病論(47)には、「胞の絡なる者は腎に繋がる。」
『素問』評熱病論(33)には、「月事來たざる者は、胞の脉閉ずればなり。胞の脉なる者は、心に屬して胞中を絡う。今、氣上りて肺に迫り、心氣の下通することを得ず。故に月事來たざるなり。」
『霊枢』五音五味(65)には、「衝脉と任脉は皆、胞中より起こり、上は背裏を循りて經絡の海と為す。」
とあります。

これらから、女子胞は五藏では腎と心とに、奇経では衝脈と任脈とに深い関わりがあると言えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。