スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十干十二支の数字配当

今回は十干と十二支の数字の配当についてみていきます。

まずは十二支です。
十二支
数字


この配当を図もあわせて説明します。
おなじみになりつつある十二消息卦を使っていきます。
十二支の数字配当

子と午が九に配当されるのはそれぞれが陰陽の起こる所だからです。
十二消息卦を見ると、
子は一陽来復の地雷復の卦。
午は一陰が生じる天風姤の卦です。

陰極まれば陽、陽極まれば陰となるので陰と陽が生じます。
そのため、極まるという意味を持つ九を配当しているのだと思います。

『五行大義』ではの意見以外に、
陽の始まりを寅とし、陰の始まりを申とし、その間の数字をみるということを紹介しています。
どういうことかというと、
寅は地天泰でここから陽の勢力が強くなるから陽の始まりであり、陰の終わり。
申は天地否でここから陰の勢力が強くなるから陰の始まりであり、陽の終わりとしているのだと思います。
これは寅が旧暦正月で温かい時期の始まりを、申が旧暦七月で寒い時期の始まりをも考慮していると思われます。

そのため、起こった所と終わった所の数を数えるということをします。
子から申までは子自身を含めて数えると九。(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申で九)
午から寅までを午自身を含めて数えると九。(午・未・申・酉・戌・亥・子・丑・寅で九)

若干強引な解釈のしかたのような感じですが、他の数字も同じ説明しかしていなかったりします。
丑から申までは八(丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申で八)
寅から申までは七(寅・卯・辰・巳・午・未・申で七)
卯から申までは六(卯・辰・巳・午・未・申で六)
辰から申までは五(辰・巳・午・未・申で五)
巳から申までは四(巳・午・未・申で四)

未・申・酉・戌・亥も同様です。


では次に十干です。
十干
数字


十干は十二支と初めて合するものによります。
すなわち、
甲は甲子。子は九なので、甲も九。
乙は乙丑。丑は八なので、乙も八。
丙は丙寅。寅は七なので、丙も七。
丁は丁卯。卯は六なので、丁も六。
戊は戊辰。辰は五なので、戊も五。
己以降は、それぞれの夫婦が持つ数字を配当しています。
己の夫は甲。甲は九なので、己も九。
庚の妻は乙。乙は八なので、庚も八。
辛の夫は丙。丙は七なので、辛も七。
壬の妻は丁。丁は六なので、壬も六。
癸の夫は戊。戊は五なので、癸も五。

となります。
これで十干十二支の数字配当を終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。