スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五行の生・王・死

今回は五行の生・王・死についてやります。

どんなものでも生まれ、盛んになり、やがて死にます。
それは五行でも同じです。
五行の生まれる所、盛んになる所、死ぬ所を十二支で表すことがあります。
生まれる所を「生」、盛んになる所を「王」、死ぬ所を「死」といいます。

具体的には以下の図の通りです。
五行の生・王・死

今回は五行の色で分けてみました。
木・火・金・水は正三角形。
土は正方形になっているのが特徴です。

木・火・金・水は季節の中心の時(仲の時期)に王になります。
王の4つ前の支で生まれ、王の4つ後の支で死ぬことになります。
死ぬ時は必ず土の支であるのが面白いです。死ぬことを「土に帰る」といいますからね。

土は特殊です。未土が王なのは、ここが夏の土用で土の正位置だからでしょう。
戌土が壮(働き盛りの意味)なのは、この位置に八卦の乾卦が来るからだと思われます。
丑土と辰土がそれぞれ衰土、死土になるのはまだよく分かりません。

このように、五行の生死が十二支に隠されているわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。