スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京二日目

遅くなりました。
北京の二日目です。

朝は現地時刻の5:00に起きました。
何故なら6:00から席取りがあるからです。

ちゃんと5:00に起きれて、用意を済ませ、勉強するところへ…。
と、ここで問題発生。
場所がどこだかわからない。前日にどこら辺かは聞いていたけどなんかあいてないっぽい(^_^;)
どこだろうと同室の人と探していたけど、結局良く分からなかったので先に朝食。
朝食はバイキング形式。
朝食を取っていると他の人たちが降りてきたので聞いてい見るともう空いてるとのこと。
その人についていってみれば、会場の場所を勘違い(^_^;)
もう少し奥の会場でした。

無事席取りもできて、朝食も取れたのは7:00位だったかな?
本来のセミナーは9:00からですが、8:00から日本の著明な先生をむかえてのモーニングセミナーというものがありました。
セミナーの詳細についてはここでは書けないので書きません。

ただ、この日の収穫としては中国の先生から火鍼を直接受けたこと。
これにつきます。
外関に5~6回程刺してもらえました。
火鍼とは、『霊枢』九針十二原篇では「大鍼」として載っているもの。
その名の通り、鍼を火で炙って身体に刺すというもの。
日本ではあまりやっていない手技です。
まぁ受けると絶対熱そうという見ためで倦厭されるからですが。

僕の場合はそれまで受けたことがなかったのですが、受けた人をみていて別に大丈夫そうだなぁという感じではありました。

受けてみると皮膚から「ジュッ」っていう音が…。
完全に焼けてるなぁという音です。
ただ全然熱くなく、針を刺された感覚のみがあるだけでした。
なんかすごいと思いました。

火鍼については傷寒論とかにも記載されています。
火鍼も練習してみたいと思った瞬間でした。


お昼ですが、この日は食べそこないました。
最初は人についていこうとしていたのですが、その人とははぐれてしまい、外に出ようにも出れなくなってしまいました(^_^;)
そもそも地理がよく分からないですからね。
はぐれたのも日本円も中国元に替えるのに手間取っていたからですが…。

後に聞いたところその人も地図を買うのに手間取っていたらしいです。

13:00から午後のセミナー。
なんか会場がよどんでいるような感じが…。
そう、みなさん食事をとられて眠気がおそっている。
そんな空気がすごいありました。
そういう僕もかなり眠かったです(^_^;)

夜は、何人かでキノコ鍋を食べに行きました。
ホテルから40分ぐらい歩いていったところでした。
たらふく食って一人100元とかそんなんだった気がします。
日本円になおして1500円ぐらいです。けっこうおいしかったですよ。
ただ、これが悲劇の元その1になるとは思いもよらなかったですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。