スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇経治療について その11 まとめ1

長らくお待たせしました。ちょっとしんどくて長らく更新できませんでしたが、とりあえずいままでのまとめにはいります。

まずは、奇經八脈がそれぞれどういうものだったかをまとめていきます。

陽維脈
初めに載せて、それでいて一番やっかいなものでした。諸家によって流注が一番かわっているものだと思います。『和漢三才図会』の寺島良安も陽維脈の流注はいろいろな説があると書いているほどです。ですが『鍼灸甲乙経』の穴性を見ると、足の少陽胆経を多く通っていることから胆経の別経とも考えられます。

帯脈
足の少陽胆経の別経。

陰維脈
足の太陰腎経の別経。

衝脈
足の太陰腎経の別経。

陽蹻脈
足の太陽膀胱経の別経。

督脈
奇経のうちで、陽の作用が最も強いもの。

陰蹻脈
足の少陰腎経の別経。

任脈
奇経のうちで、陰の作用が最も強いもの。

こうみてみると、奇経とは何かの別経であるみたいですね。特に、陰維脈・衝脈・陰蹻脈は全て足の少陰腎経の別経です。これらはすべて陰脈をわたっていくので、奇経の陰の作用があるものは、腎の気を全身に渡らすたものではないでしょうか。腎の気は人が成長するためにはなくてはならないものですし、生殖も腎が担っています。
また、会陰穴は任脈の別絡で、督脉を挟む衝脉の会と『鍼灸甲乙経』では言っています。つまり任脈・督脈も腎と関わりが深いのではないかと示唆されます。督脈と任脈は奇経の代表格です。任脈は陽維脈・帯脈・陽蹻脈を束ね、督脈は陰維脈・衝脈・陰蹻脈を束ねます。これを考えると、奇経とは身体に腎の気を通すラインではないかと思います。
陰脈には足の少陰腎経の別経として全身に流れ、陽経には胆経、膀胱経の別経として全身に流れていくということではないでしょうか。

腎の気は人体にとって非常に大切なものなので、腎の気をうまく全身にめぐらさなくてはいけません。その役割を担っているのが奇経ということになるのではないでしょうか。疾患が起きた時に奇経を使って治療できるのは、腎の気によって悪い所の気をうながし、正常な状態にもっていくことができるのではないかと考えられます。



次は、奇経治療の経穴の組み合わせです。
外関-足臨泣は、外関によって陽維脈を生じさせ、帯脈(足臨泣)で作用を強める。
内関- 公孫は、内関によって陰維脈を生じさせ、衝脈(公孫)で作用を強める。
後渓-申脈は、申脈によって陽蹻脈を生じさせ、督脈(後渓)によって作用を強める
列欠-照海は、照海によって陰蹻脈を生じさせ、任脈(列欠)によって作用を強める。

こうしてみると、奇経は作用が弱いため、他の奇経でもって自身の作用を強めないと治療の効果がでないのではないかと思います。
僕の学校で配られた資料によると、治療したい奇経の総穴を選び、その後対となる総穴をとると、その奇経が良くなるとされています。すなわち、

陰維脈 内関→公孫
衝脈 公孫→内関
陰蹻脈 照海→列欠
任脈 列欠→照海
陽維脈 外関→足臨泣
帯脈 足臨泣→外関
陽蹻脈 申脈→公孫
督脈 後渓→申脈

という組み合わせです。この通りだとすると、やはり奇経は自身の作用が弱いために、その働きを強めるために違う奇経の力を借りているとみた方がいいでしょう。
その作用点が総穴であり、奇経治療なのだと思います。しかし、蹻脉以外の総穴は『類経図翼』「奇経八脈図」には載っていないようですし、奇経の郄穴と分かっているものがあっても、郄穴を使わずに総穴が使われているのもよく分かりません。また、奇経治療の最初の資料である『鍼經指南』は特効穴扱いで載っているような感じです。
つまり所謂奇経治療は本当に奇経に作用しているわけでなく、上で考察したように、正経の別絡に働きかけるものでないかと思います。蹻脉にある経穴が含まれている為に奇経治療と呼んでいるのではないかと…。もしくは、『鍼經指南』の作者がこの八穴を奇経と結びつけれなかったとも考えられます。最初に奇経と結びつけた資料があればこのへんのことが分かるのではないかと思いますが…

とりあえず奇経はこれまでです。よく分からないままに議論を進めてきたので、よくわからない結論になってしまいました。
このあたりの資料はホントに少なく、日本語の資料はほとんど見ずに書いてきたので、既出の本でなにがしらのヒントや答えになっているものがある可能性もありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。