スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京四日目

この日も5:00に起きました。
ですが、他の日と違ってこの日は起きてから調子がわるかったんです。

用意とかしてたら少し調子が上がったんでまぁ大丈夫だろうと思って会場に行ったんですが…。

なかなか会場が開かない。どうやら、ホテルのカギを管理する人が遅刻しているらしい。
代わりの人がカギを持ってきたけれども合わない様子。

そんなこんなをやっていたてようやく開いたと思ったら7:15。
一時間以上待たされました。
かなりの時間だったので、その間に調子がかなり悪くなってしまいました。
しかもかなりの気が散じた感覚がありました。

そしてそのまま朝食。なんかあんまり食べれないし、食べても吐き気がする…。
そんな感じなので朝食もそこそこに切り上げて、モーニングセミナーまでの間に少し部屋で休みました。

そして8:00からのセミナー。
なんとか受けてたんですが、どんどん吐き気がしてきて、途中で抜けてトイレで少し吐きました。
吐いたら少しましになったんですが、周りの先生方から休んだ方がいいといわれてので、自室で寝ました。

一旦起きたのは11:30ぐらいだったと思います。
ひと眠りして結構ましになったんです。

だからセミナー出ようかなぁと思ったんですが、朝のセミナーは12:00まで。
今から行ってもあんまり意味がないと思ったのでちょっと休んでいました。
すると、12:30ぐらいに一緒に参加された先生が治療してくれるということだったので、治療を受けてみました。
その先生は鍼ではなく手技で治療していきました。後から聞いた話だと気功だとか。
10分ぐらい受けていると、こんど開業される先生がやってこられて交代。

その先生の針を受けてみると…。吐き気がまたやってきて、かなりの量を吐きました。
人間、こんなに胃に食べ物が入っているんだと感心するぐらい吐きました。
その先生もこんなに吐いた人は初めてだと言われる程吐きました。

吐いた原因はやっぱり食べ物でしょうね。
それに中国行く前に学校関係の事でいろいろ動いていましたから、その疲れとか。

すなわち脾虚。脾虚の症状がほとんど出ていたようにも思えました。
初日の飛行機の中で寝てたのもその疲れがあったからこそなんでしょうね。

鍼を受けては吐き、受けては吐きを繰り返して2時間ぐらいでようやく治まってきました。
それでも少し刺激のある手技をされると、吐く。
その時の針を受けている感触としては、鍼で雀啄されていると全然感じないことでした。
ある程度やって初めて刺されている感覚が出てくるというものでして…。
先生はそれは調子が悪いからだと言われました。
成程。

胃に内容物がない程吐きまくったせいか、大分気持ち的にも安定してきたので、また眠りました。
それは17:00ぐらいだったと思います。

それから20:30ぐらいに気功の先生の中断していた手技を一通りやってもらうことになりました。
するとまた吐き気が。

1時間ぐらい受けて落ち着いた時に、鍼で治療してもらった先生の同室の先生に診てもらいました。
その先生からは食当たりという診断が下りました。
食あたりといえば、「裏内庭」ですよね。
両足が同じ熱さになるまで据えられました。

最小は確かに左右でお灸の熱さが違っていました。
どんどん透熱で据えられてやばいぐらい熱さも感じるようになってきても、左右がそろってないからもっとやるとか…。
ホント、やばいぐらい熱かった…。こんな熱いお灸は初めてと云えるほど熱かった。
でもお灸をしてもらったおかげか大分気分が良くなりました。
ふぅ…。

というわけで、北京の四日目は鍼と気功と灸の治療を受けて終わりましたとさ。
ていうか、どんだけ迷惑かけたんだか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。