スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気口九道脈診 その2

では続きです。
ここからは具体的な脈の診方と症状について書かれていますが、症状については省略していきます。


【原文】
岐伯曰く、
前部の外の如き者は足太陽膀胱なり。
中部の外の如き者は足陽明胃なり。
後部の外の如き者は足少陽膽なり。

前部の内の如き者は足厥陰肝なり。
中部の内の如き者は足太陰脾なり。
部の内の如き者は足少陰腎なり。

前部の中央の直なる者は手少陰心、手太陽小腸なり。
中部の中央の直なる者は手厥陰心主なり。
後部の中央の直なる者は手太陰肺、手陽明大腸なり。

【校正】
①膽
 原文では欠く。前後の条文に合わせて挿入。

②後
 原文では”前”。「診左手九道圖」から”後”の誤りとす。


【意訳】
岐伯がおっしゃるには、
寸口脈が外に出ているのは足の太陽膀胱経に異常がある。
関上脈が外に出ているのは足の陽明胃経に異常がある。
尺中脈が外に出ているのは足の少陽胆経に異常がある。

尺中脈が内に出ているのは足の厥陰肝経に異常がある。
関上脈が内に出ているのは足の太陰脾経に異常がある。
寸口脈が内に出ているのは足の少陰腎経に異常がある。

寸口脈が中央に出ているのは手の少陰心経、手の太陽小腸経に異常がある。
関上脈が中央に出ているのは手の厥陰心包経に異常がある。
尺中脈が中央に出ているのは手の太陰肺経、手の陽明大腸経に異常がある。


【解説】
まずは正経についてです。
たいしたことはしていませんが、【校正】とかいれるとなんとなく研究者という感じがしますね。本項とは関係ないですけど。

さて、まずは寸関尺の三部においての外側です。
寸口の外が膀胱経、関上の外が胃経、尺中の外が胆経です。
これらはみて分かる通り、足の三陽経になっています。

覚え方としては、尺中から木・土・水と五行に分解するのが良いでしょう。何故なら相剋関係となっているからです。
木(胆経)克土(胃経)、土(胃経)克水(膀胱経)となりますから。

次に寸関尺の三部における内側についてです。
寸口の内が肝経、関上の内が脾経、尺中の内が腎経です。
これらもみて分かる通り、足の三陰経となっています。

覚え方としては、寸口から木・土・水と五行に分解するのが良いでしょう。これらも相剋関係となっているからです。
木(肝経)克土(脾経)、土(脾経)克水(腎経)となります。

次は寸関尺における真中についてです。
真中は上下すなわち浮沈で判断します。
寸口の中が心経(浮)と小腸経(沈)、関上の中が心包経(浮)、尺中の中が肺経(沈)、大腸経(浮)です。
これらは手の三陰経と手の三陽経となっていますが、三焦経がないのと尺中において肺経と大腸経の浮沈が逆になっていることに注意してください。どうしてこれらがこうなっているのかは分かりませんが、「診左手九道圖」を見てもそうなっているので、そうとしかいえないです。心包経はむしろ中脈と取っても良いかもしれません。
「診左手九道圖」は奇経が終わってから図示します。


こんなところでしょうかね。特に真中の脈については最近分かりだしたところなので、きちんと租借できていません。何となくでしか理解できていないのでかなり危険です。変なこと書いてなければ良いんですがねぇ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。