スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六部定位脈診 その1

前回は氣口九道脈診についてかきましたが、今回は日本で広く行われている六部定位脈診についての古典的根拠を書いていきます。
六部定位脈診の起源は『難経』とも『脈経』とも言われています。今回は、『難経』と『脈経』の該当部分についてみていきたいと思います。

まずは『難経』です。
『難経』の十八難には、
曰く、
脈に三部有りて部に四經有り。
手に太陰、陽明有り。足に太陽、少陰有り。上下の部を為すは何を謂うや。

然り、
手の太陰、陽明は金なり。
足の少陰、太陽は水なり。
金は水を生じ、水は下行に流れて上ること能わず。
故に下部に在るなり。

足の厥陰、少陽は木なり。
手太陽、少陰の火を生じ、火炎は上行して下ること能わず。
故に上部と爲す。

手心主、少陽の火は足太陰、陽明の土を生じ、土中宮を主る。
故に中部に在るなり。

此れ皆、五行の子母にて更めて相生し、養う者なり。

脈に三部九候有り。
各おの何を之、主どる所や。

然、
三部なる者は寸關尺なり。
九候なる者は浮中沈なり。
上部は天を法り、胸以上頭に至るまでの疾有るを主る。
中部は人を法り、膈以下齊に至るまでの疾有るを主る。
下部は地を法り、齊以下足に至るまでの疾有るを主る。
審びらかに之を刺す者なり。

(以下略)

【意訳】
脈に三部があって、部に四経が有るという。
手に太陰肺経と陽明大腸経が有る。
足に太陽膀胱経と少陰腎経が有る。
上下の部であるというのは、何を言っているのか。

然、
手の太陰肺経と手の陽明胃経は五行では金行です。
足の少陰腎経と足の太陽膀胱経は五行では水行です。
金行は水行を生じます。水は下に流れて上に流れることはありません。
だから下部にあるのです。

足の厥陰肝経と足の少陽胆経は木行です。
これらは手の太陽小腸経と手の少陰心経の火行を生じさせます。
火の炎というのは上に昇って、下に昇るということはありません。
だから上部にあるのです。

手の厥陰心包経と手の少陽三焦経の相火です。
これらは足の太陰脾経と足の陽明胃経の土行を生じさせます。
土行は中宮を主ります。
だから中部にあるのです。

これらは皆、五行の母子関係にあります。
母子関係は五行相生で、養う関係にあります。

脈に三部九候というものがあるという。
それぞれ何に対応しているのだろうか。

然、
三部というのは寸関尺です。
九候というのは浮中沈です。
上部は三才の天に対応していて、胸から頭までの間の疾病に対応しています。
中部は三才の人に対応していて、隔から臍までの間の疾病に対応しています。
下部は三才の地に対応していて、臍から足までの間の疾病に対応しています。
よくよく調べて、どの部分に病があるかが分かってから、該当部分を治療しなければなりません。

【解説】
一見、六部定位脈診と関係なさそうにも思えますが、条文を良く読んでみるとそうでもなさそうな感じです。

まず最初に肺経と大腸経、腎経と膀胱経の関係について書かれています。
五行の相生関係にある経をセットにして書かれているのもポイントなのかもしれません。

「水は下に流れて上に流れることはありません」とのことから、水は下部に対応しているととれます。
後の条文に「三部というのは寸関尺です。」と言っていることから、下部とは尺中のことを指すのでしょう。
実際に腎と膀胱は六部定位の左尺中に配当されています。ですがここでは左右の違いについてまでは書かれていません。

肺と大腸の金行は、腎と膀胱の水行より上になければなりません。
なぜなら相生関係によって金行は水行の母となるからです。
そこで上部、中部のどちらに配当されるかですが、水は高い所から低いところに流れる性質があるので、一番高い所、すなわち上部ということになります。
実際に肺と大腸は六部定位の右寸口に配当されています。ですがやはり左右の違いについてまでは書かれていません。

次に肝と胆、心と小腸について書かれています。
心と小腸は五行では火行です。
「火の炎というのは上に昇って、下に昇るということはありません。」とのことから、火は一番高い所に居なければなりません。
よって心と小腸は一番高い所である上部に配当されることになります。

肝と胆の木行は心と小腸の火行の母です。
炎の燃える場所は上部よりも下の部分にこなければなりません。
そこで関上と尺中のどちらかとなりますが、既に尺中は水行で塞がっているので尺中には配当されないとできます。
よって、肝と胆は関上に配当されることになります。

次に三焦と心包、脾と胃について書かれています。
脾と胃は五行では土行です。土行は五行の中心を統べるものなので、真ん中に来ようとします。
よって、寸関尺では真ん中の関上に配当されることになります。

三焦と心包の相火は脾と胃の土行の母です。
炎の燃える場所は上部よりも下の部分にこなければなりません。
脾と胃の土行は関上に配当されているので、それより下になければなりません。
よって、三焦と心包は尺中に配当されることになります。


六部定位脈診に対応させようとすると、こういう説明になると思います。
ただ、左右の違いについては書かれていないので、そこが気になるところですが…。

「脈に三部九候というものがあるという。それぞれ何に対応しているのだろうか。」
以下についてはおまけです。
六部定位脈診自体の診方ではないですが、寸関尺を身体の上焦、中焦、下焦に分けるやり方はわりとやられているみたいなので、この方法も覚えていたら何かの役にたつかもしれません。


『難経』十八難に関してはこんなところでしょうか。
次回は『脈経』の記述に関してみていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。