スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六部定位脈診 その2

今回は『脈經』における六部定位脈診の記述をみていこうと思います。

巻之一「两手六脉所主五臓六腑陰陽逆順 第七」には、

≪脉法讃≫に云う、肝心は左に出づ。脾肺は右に出づ。腎と命門とは俱に尺部に出でる。
魂、魄、穀、神、皆寸口に見る。
左は司官を主り、右は司府を主る。
左大は男に順じ、右大は女に順ず。
關前一分は人命の主にて、左を人迎と為し、右を氣口と為す。
神門は訣斷にて两ながら關後に在る。
人は二脉無ければ病死にして癒せず。
諸經の損減は各々其の部に隨う。
陰陽を察按して誰とにか先後せん。
(≪千金≫に云う、三陰三陽誰をか先んじ、誰をか後にせんと。)
陰病は官を治し、陽病は府を治す。
奇邪の舎する所、如何に補取せん。

審にして知者は鍼入れて病癒えん。

【意訳】
≪脉法讃≫には、
肝と心は左手に出て、肺と脾は右手に出て、腎と命門はどちらも尺中に出ます。
肝と肺と脾と心の脈は全ては寸口に現れます。
左は司官であり、右は司府です。
左は男であり、右は女です。
関前一分は人命と関係していて、左手の関前一分を人迎、右手の関前一分を気口といいます。
神門は訣斷と関係していて、左右の手の関後一分にあります。
人はこの二脈が無いと病気で死んでしまいます。
それぞれの経脈の異常はそれぞれの部位に現れてきます。
陰陽の経脈を切経して、どれを先にしてどれを後に治療すれば良いのでしょうか。
(≪備急千金翼方≫の巻二十八 五蔵脉所属 第四には、
三陰と三陽のどれを先に治療して、どれを後に治療すれば良いのでしょうか、と書かれています。)
陰の病は官によって治り、陽病は府によって治ります。
病邪のあるところは、どのように邪を追いだしたらよいのでしょうか。

よくよく調べて病邪のある場所を知っている人は、適切な場所に鍼を入れて病を治します。

【解説】
この一連の条文は≪脉法讃(みゃくほうさん)≫という、今は失われた書からの抜粋となっているようです。
途中までは『備急千金要方(びきゅうせんきんようほう)』巻之二十八 平脈 五蔵脈所属 第四にも記されています。だから注釈として「≪千金方≫曰く」とあるのです。

「肝と心は左手に出て、肺と脾は右手に出て、腎と命門はどちらも尺中に出ます。」と書かれていることから、既に現代の六部定位と同じようなことが為されていたというのが分かります。
次の条文、「魂、魄、穀、神、皆寸口に見る。」というのは、魂は肝、魄は肺、穀は脾胃、神は心に対応するので、これらが寸口部に現れるというわけです。

次の「司官」、「司府」は、人民衛生出版社の「脈経」によると、
”司官” 我克之藏、我為之主、為官。(我が克すの藏、我の主と為すを官と為す)
”司府” 克我之藏、我被所主、為府。(我を克すの藏、我が被の主る所を府と為す。)
と説明されています。
すなわち左手から右手への相剋関係を示していると思われます。
つまり、
左手寸口は心火、右手寸口は肺金、すなわち火克金。
左手関上は肝木、右手関上は脾土、すなわち木克土。
左手尺中は腎水、右手尺中は腎相火、すなわち水克火。
となるからです。

次は左は陽であり男で、右は陰で女になるので、
左の脈が右の脈より大きくなりやすいのが男性で、右の脈が左の脈より大きくなりやすいのが女性である。
ということがいいたいのだと思います。

次は関前一分と関後一分のことが書かれています。
『難経集註』の二難、楊註にも関前一分と関後一分のことが触れられています。

関前一分と関後一分は
左手の関前一分(関上と寸口の間で関上よりの脈)を”人迎”
左手の関後一分(関上と尺中の間で関上よりの脈)を”神門”

右手の関前一分(関上と寸口の間で関上よりの脈)を”気口”
右手の関後一分(関上と尺中の間で関上よりの脈)を”神門”
となります。

そして人迎、気口、神門の脈が無ければ病で死んでしまうので病気が治らないとしています。

どの経脈が弱っているかを知るには、対応する部位を診ればよいとしてます。

対応する部位は先に触れらていますが、具体的なことが次の条文からも載っています。
けれど、長くなったので今回はこれまで。つぎにまわしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。