スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼の種類と勉強会

今回は古典ではなくて、鍼の種類と勉強会について少し。

鍼っていろんな種類がありますね。
普通、学校で教えてもらう鍼は豪鍼ですが、他にも小児鍼であったり、打鍼であったり、三稜鍼であったり、ローラー鍼であったりいろんな鍼がありますよね。

治療の幅を持たせるためにはいろいろな鍼を自分自身で受けてみて、使えると思ったモノを選ぶのも重要だと思っています。僕は学校の付属の治療院で鍉鍼を受け、その効果の高さ(良い意味、悪い意味の両方体験しています)に自分でも扱ってみたいと本気で思いました。今回縁があって鍉鍼を買うことができたのですが、大変うれしく思っている一方、もらったばかりなのでしょうがないと思いますが、全然扱いきれてないんです。

鍉鍼が経脈に沿って反応しているんだろうなぁという感覚や、おそらく気の停滞しているところだろうなぁという感覚とかはあるんですが、そこからどうすれば正常な気の流れに持って行けるかが分からないんです。実際に原穴やゆ穴に当てても気の補しゃが行えているのかどうかも謎ですし・・・。まぁまだ適切な配穴とかも全然分かならい段階なので、そこまでいってからの話しなのかもしれないですが・・・。

ちなみに打鍼も受けたことがあり、鍉鍼ほどでは無かったのですがそれなりに効果があったので打鍼もやっていきたいとは考えてはいますが、こっちは購入の機会がありながらも断念せざるを得なかったのです。

基本的に刺激の少ない鍼や手技を身につけたいと思っているんで、こういう鍼を選んでいくことになるんだと思います。奇経治療もやりたいですし、刺激の少なめの勉強会の手技も会得したいと思っていますしね。

ですが刺激の弱い鍼だけではもったいないとも思っています。ある勉強会で左腰が悪い例で自ら実験台に名乗り挙げて長めの中国鍼で中国式?の環跳を刺してもらったことがあるんですが、結構深くまで刺入したときにかなり響き、それからしばらく腰痛がなくなるという効果も体験しているので、弱刺激のみに留まらずにいろんな手技を体験したいなぁとも思っています。

そうするといろいろな勉強会を回らざるをえなくなるんでどうしようか、という感じですが、とりあえず気に入ったところからってところでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。