スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黄帝内経太素』について

今回は『黄帝内経太素(こうていだいけいたいそ)』です。

『黄帝内経太素』は唐の楊上善(ようじょうぜん)によって書かれました。
内容は、『素問』と『霊枢』の記述をまとめたもので、『鍼灸甲乙経』や『類経』と性格を同じくするものです。

現代では京都の仁和寺(にんなじ)に残っているもの(「仁和寺本」と呼ばれています)しか存在していません。
しかも欠巻が何冊かあるので、完本ではありません。かろうじて残っている巻でも虫食いによって、あまり読めない部分も存在しています。

仁和寺本の『太素』の特徴は、現在伝わっている『素問』と『霊枢』とは違い、現在では途絶えてしまった古いものを参考にして書かれているということです。
『黄帝内経』のときにも書きましたが、現代に伝わっている『素問』と『霊枢』は宋以後に編纂されたものです。宋代の校正の加減で本来の記述と違ってしまっているところもあります。
その為、本来の記述を復元する為には非常に役に立つものなのですが、先ほども書いたように完本ではない為に読む側からすればかなり難易度の高いものとなってしまっています。
ですが、仁和寺本があったおかげで現行の『素問』、『霊枢』の誤りが分かった例もあるようなので、『素問』と『霊枢』を研究したい人は必ず読んでおくべきものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。