スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標治と本治

今回は本治と標治について少し書こうと思います。

本治と標治とを簡単にいうと、
本治は、病気になっている大元の処を補ったり瀉らしたりして、正常な状態に戻すこと。
標治は、実際に痛みが出ている所に直接アプローチすること。

ということになります。
本治をやらないと、局所の症状や状態が好転しにくいということはよくあります。
以前、経絡治療で練習の為、本治をやらずに腰背部に置鍼をしたことがあるんですが、本来は腰背部の皮膚の状態が良くなるはずのになかなか良くならない。
そこで本治をしてから再度腰背部に置鍼をすると、皮膚の状態が良くなり、脈も良くなりました。

これだけでも本治の重要性は分かると思います。

そんな本治のやり方は、流派や人によって様々。
僕が見てきた方法はいろいろありますが、共通しているのは、
弱っているところ、もしくは強くなりすぎている所を補ったり瀉らしたりして、皮膚の状態を良くさせてあげる=正常な身体の状態にもていく

こういうことだと思います。
身体を正常な状態にもっていくわけですから、それにはいろんなアプローチができるわけです。
まず思いつくのが原穴診になるかと思います。
原穴とは、元気が蓄えられているところなので、何か異常が起これば反応が出やすいところです。

しかし、全ての病の反応が原穴に現れるわけでもないので、他の圧痛点を探したり、脈や腹、兪募穴や五行穴の反応をみながら、少ない穴で生命力を引き上げてあげる。そういうことをするんだと思います。

場合によっては本治だけで局所の痛みがとれるという場合もありますし、局所の筋の状態などでしんどくなっている場合等は標治だけで治ってしまい、本治は必要ない場合もあります。

その為、本治と標治の使い分けはかなり重要だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。