スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下合穴について

今回は、下合穴(しもごうけつ)について。

『十一脈灸經』のときにちらっと書いた下合穴ですが、これに関する記述をあたってみたいと思います。
その前に、下合穴とは、
胆…陽陵泉
小腸…下巨虚
胃…足三里
大腸…上巨虚
膀胱…委中
三焦…委陽
であって、手足の三陽経にあるものです。
これらをよくみると、足の三陽経と合土穴は一致していて、手の三陽経にあたるものは、通常の合水穴とは違う合穴であることが分かります。つまり、通常の合水穴の他に下にも合穴があるとされています。
だから下合穴と呼ばれています。

それでは、古典の記述をみてみましょう。
『霊枢』本輸篇 第二では、
下陵は膝の下三寸、胻骨の外、三里なり。合と為す。
復た三里を下ること三寸を巨虚上廉と為し、復た上廉を下ること三寸を巨虚下廉と為すなり。
大腸は上に屬し、小腸は下に屬す。足の陽明胃脉なり。
大腸、小腸は皆胃に屬す。是れ足の陽明なり。

ここで、下陵とは足の三里のことで、巨虚上廉は上巨虚、巨虚下廉は下巨虚のことです。
大腸は上巨虚に属し、小腸は下巨虚に属しているとしています。

では、何故このような配穴になるのか。
大腸の上巨虚と小腸の下巨虚に関しては、本輸篇にも書かれているように、大腸と小腸は胃に繋がっているからです。
だから、胃経上に合穴を持つことができます。

では、三焦経が膀胱経上に合穴を持てる理由はといえば、
同じく本輸篇から、

腎は膀胱に合す。膀胱なる者は津液の府なり。
少陽は腎に属し、腎は肺に上連す。
故に両藏を率いる。
三焦なる者は、中瀆の府なり。水道焉より出て、膀胱に屬す。
是れ孤の府なり。

とあります。
この篇では現在の考え方とは違って、腎が肺と膀胱と関係あることになっていますが、注目すべきは「水道焉より出て、膀胱に屬す。」ですね。
三焦は水道調節作用がありますし、膀胱も水道の一部です。
よって、膀胱経に三焦の合穴がくることになります。

では、下合穴を何故置いたかを考えてみたいと思います。
『十一脈灸經』では、手少陽を耳経、手陽明を歯経、手太陽を肩経としていました。
つまり、当初は六腑とは何も関係なかったことになります。
しかも、西洋医学的なことを引っ張ってきてしまいますが、デルマトームで考えた場合、臓腑の位置的に考えても手の陽経に大腸、小腸との関わり合いはないです。
つまり、対応した府に関する治療穴がぐっと少なくなってしまうということになってしまいます。

その為、膝の周りに代わりの合穴すなわち下合穴をおいて、そこを治療点にしてしまおうということになったんだと思います。
僕は下合穴を使ったことはないのですが、臨床的にもかなり使えるものだとか。
理論的にも、臨床的にも使えるものなのですから、治療穴として使わない手はないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

古典に書かれてる合穴とは下合穴を指すことが多いそうですね。

そうですね。

Pタイチョーさん、はじめまして。
そしてコメントありがとうございます。

そうですね。特に『素問』、『霊枢』では合穴は下合穴を指すことが多いと思います。
それに実際の臨床でも大腸経の合穴の曲池は多用されますが、三焦経は天井よりも委陽の方が使われる頻度が高いように思われます。
プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。