スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二原穴について

今回は、十二原穴について。

授業で『霊枢』と『難経』の十二原穴は違うと教わりました。

たしかに、『難経』の六十六難では、
経に言う、
肺の原は太淵に出で、
心の原は大陵に出で、
肝の原は太衝に出で、
脾の原は太白に出で、
腎の原は太渓に出で、
少陰の原は兌骨に出で、
膽の原は丘墟に出で、
胃の原は衝陽に出で、
三焦の原は陽地に出で、
膀胱の原は京骨に出で、
大腸の原は合谷に出で、
小腸の原は腕骨に出でる、
と。

とあります。
「少陰の原は兌骨に出でる」において、少陰とは心のことであり、兌骨とは神門のことです。
また、最初の「心の原は大陵に出でる」の心とはもちろん心包のことです。
『難経集註』の丁註によれば、このような表現をした背景みたいなことが書かれていますが、今は省略します。

この十二原の配当をみると、現在のものと同一であるということが分かります。

しかし、
『霊枢』九針十二原篇 第一では、
陽中の少陰は肺なり。其の原は太淵に出づ。太淵二。
陽中の太陽は心なり。其の原は大陵に出づ。大陵二。
陰中の少陽は肝なり。其の原は太衝に出づ。太衝二。
陰中の至陰は脾なり。其の原は太白に出づ。太白二。
陰中の太陰は腎なり。其の原は太谿に出づ。太渓二。
膏の原は鳩尾に出づ。鳩尾一。
肓の原は脖胦に出づ。脖胦一。

とあります。
脖胦(ぼつおう)とは、気海の別名です。
つまり五藏の左右の原穴十穴と、膏の原である鳩尾、肓の原である気海の1穴ずつ、合わせて十二穴が十二原ということになります。

確かに『難経』の六十六難とは一致していません。
ですが、『霊枢』本輸篇では、十二原穴とは規定していませんが、それぞれの経脈における原穴は示されています。

肺は少衝より出づ。… 太淵に注ぐ。… 兪と為す。
心は中衝より出づ。… 大陵に注ぐ。… 兪と為す。
肝は大敦より出づ。… 太衝に注ぐ。… 兪と為す。
脾は隠白より出づ。… 太白に注ぐ。… 兪と為す。
腎は湧泉より出づ。… 太谿に注ぐ。… 兪と為す。
膀胱は至陰より出づ。… 京骨に過る。… 原と為す。
膽は竅陰より出づ。… 丘墟に過る。… 原と為す。
胃は兌より出づ。… 衝陽に過る。… 原と為す。
三焦は上りて手の少陽に合して関衝より出づ。… 陽池に過る。… 原と為す。
小腸は上りて太陽に合して少沢より出づ。… 腕骨に過る。… 原と為す。
大腸は上りて手の陽明に合して商陽より出づ。… 合谷に過る。… 原と為す。

とあります。
ここでは手厥陰以外の原穴が示されており、内容も『難経』に近いです。
同じ『霊枢』の記述であるのに、このような違いがどこからでてくるのでしょうか。

これに関しては『霊枢』の各篇の成立時期にも関わっているからだと思います。
『霊枢』は『素問』よりはまだ短期間で編纂されたようですが、それでも一番古い篇と新しい篇は百年以上は離れているとか。
その為、『霊枢』九針十二原篇→『霊枢』本輸篇→『難経』六十六難という発展をしていったのではないかと思われます。

『素問』『霊枢』を読み解く際の記述や時代を考えなければならない一端ですね。

また、原穴との内容とは関係ないのですが、ここの記述の中で気になるのは手の三陽経の書き方ですね。
他の藏府はそのまま藏府と穴の関係が示されているのに、手の三陽経は府が経脈に合してからやっと穴との関係性が示されています。
やはり、手の三陽経と府との関わりは薄いと言わざるを得ないかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。