スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『難経本義諺解』とは

それでは、『難経本義諺解(なんぎょうほんぎげんかい』)で気になったこと、調べたことなどを書いていこうと思います。

まず最初は、『難経本義諺解』ってそもそもどんな本ってとこからです。

まず『難経(なんぎょう)』という古典があります。これは経絡治療等で使われている古典です。
詳しくは、ここをご覧ください。

この『難経』は、秦 越人(しん えつじん)が書いたとされている本です。越人は別名を扁鵲(へんじゃく)といいます。
『難経』の文章は簡潔に書かれているので内容を把握するのが大変です。そのため、有名な歴代の鍼医が注釈をつけてきました。

その中の1冊が元の滑 伯仁(かつ はくじん)による『難経本義(なんぎょうほんぎ)』です。
さらにその『難経本義』に注釈をつけたものが、江戸時代の岡本 一抱(おかもと いっぽう)による『難経本義諺解(なんぎょうほんぎげんかい)』となります。

少しややこしい経緯となっていますが、ここらへんの注釈書(解説書)をまとめてみると、

『素問』、『霊枢』
     |
     | 秦越人による解説
    ↓
   『難経』
     |
     | 滑伯仁による注釈
    ↓
 『難経本義』
     |
     | 岡本一抱による注釈
     ↓
『難経本義諺解』

となっています。
実際に『難経本義諺解』を見てみると、岡本一抱はかなり細かく注釈をしていることがわかります。
この注釈の文や、『難経本義』自体の文で気になったこと、調べた事をこれから書いていこうと思います。

そうすると、手元に『難経本義諺解』や『難経本義』が手元にない人にとっては意味が分からない部分もたくさんでてきてしまうと思うので、本文も書き下し文で挙げていこうかと思います。
ただ、岡本一抱の注釈までいちいち書いているとかなりの分量になってしまいます。その為、特に気になったところ以外は『難経本義』の文のみを載せることにします。

そんな感じで進めていこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。