スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『難経本義諺解』 発端の辞

それでは、やっていこうと思います。
まずは発端の辞。
これは『難経本義』(以下、『本義』)の原文にはなく、岡本一抱が書いたものですが、いろいろ役に立つ情報がちりばめられているので載せていこうと思います。

発端の辞
難経は、戦国の秦越人の選ずる書なり。越人のは伝は史記の列伝、及び戦国策(せんごくさく)(つまび)らかなり。越人は勃海(ぼっかい)鄭人(ていひと)なり。姓は秦氏、名は越人と(なづ)く。或いは(いわゆ)性は秦、名は少斉越人なり。

越人少時(しょうじ)人舎(ひとや)の長たり。客に長桑君(ちょうそうくん)と云う者あり。出入すること十余年、桑君或る時越人に語りて曰く、我に秘法あり。(われ)年老おいぬ。此れを公に授けん。もらことなかれ。懐中の薬を出し、上池じょうちの水を以て越人に飲ましむ。此の後三十日にして自然に事物の理を知ること有るべし、と。又秘法の医書を出し、(ことごと)くに授けて忽然こつぜんとして見えず。果たして後三十日、越人垣の一方の人を視て其の病を知ること明らかなるに至れり。脈を(つまび)らかにし、病を決し、神医となる。医を為して(せい)及び(ちょう)に在りては呼びて扁鵲へんじゃくと名づく。(けだ)(いにしえ)黃帝(こうてい)の時に扁鵲と云う神医有り。越人の医を以て彼に比べて世人扁鵲と称す。又、廬国(ろこく)に家居す。(よ)(な)づけて廬医(ろい)と云う。後世、廬扁(ろへん)と称す者が是れなり。

趙簡子(ちょうかんし)が病を知り、(かく)の太子の死を(た)だし、(せい)桓侯(かんこう)の病を察する等の神術有り。後、(しん)太医令(たいいれい)李醯(りけい)と云う者、己れが医業の越人に及ばざるを以て密かに越人を刺し殺す。

死して後、難経の書伝えて後漢の華佗(かだ)之を(たも)つ。医業甚だ常道に超えたり。病を治するに摩沸湯(まひさん)と云う神剤飲ましむれば、其の人酔えるが如しが時に、皮を裂き、骨を洗い、腸を(すす)ぎ、薬線(くすりいと)を以て縫うて之を(いや)す。其の術甚だ妙なり。

後漢書(ごかんじょ)に謂る、(ぎ)曹操(そうそう)頭痛を患う。華佗をして治せしむ。鍼をして即ち(い)ゆ。操(よろこ)びて常に華佗を侍坐(じざ)せしむ。或る時、佗が妻病すと云て退きて来られず。操ひそかに人をして聞かしむれば、妻が病むに非ず。偽れるなり。曹操甚だ怒りて華佗を捕えて獄に込む。已に罰せられんとするときにおいて、佗ひそかに獄史に告げて曰く、吾に秘法あり。難経と(な)づく。之を汝に授けん、と。史恐れて敢えて受けず。佗遂に難経を獄下に(や)く。時の人之を聞きて(とど)めて其の煨燼(かいじん)を求めうて後世に存ず、と。

○三国志に謂る、魏の曹操頭風を患う。華佗を召して診視(しんし)せしむ。佗が曰く、此の病脳海(のうかい)に在り。頭に斧して(わ)りて脳海を(すす)ぎて(いや)さん、と云う。操の曰く、(われ)聞く、脳海は神気の府聚(ふじゅ)する(ところ)と。然るを何ぞ(やぶ)らんや。汝は余を殺さんとする者なり、と云て遂に佗を捕えて獄に込む。獄史の一人、毎日食を(ささ)げて(いたわ)る。佗其の志を感じて難経を授く。史(よろこ)びて家に帰り、妻に云いて深く(かく)し、(われ)獄を(とど)めて神医を行わん、と云う。時に遂に華佗は罪に決して殺さる。(か)の史、己れが役を勤め終わりて家に帰れば、其の妻難経を庭中に(や)く。驚き(とど)めて煨燼(かいじん)を存す。史其の故を問えば、妻が曰く、華佗は此の難経に(よ)って神医たり。君も亦た此の書を学べば佗が如き神医となることを得ん。然らば、亦た曹操の如き非道に遇うて罰せられしことの有るべきを恐れて此の如し、と答う。

以上の両説に従るときは、難経は越人扁鵲の著述にして、後漢の華佗に伝わり、佗が時に至りて其の書を獄下に(や)く。今、存する所の者は、其の(や)け余りを伝えて呂広(りょこう)と云う者重ねて校編(こうへん)せるなる。故に、今の難経においては文義に或いは疑いを致すこと有る者あり。


以上、発端の辞です。
ここでは、『難経』の経緯についての説明があります。
越人が神医になった経緯や病気を治した事例については、『史記』しき扁鵲倉公伝へんじゃくそうこうでんに詳しく書かれています。越人の記録は『戦国策』にも載っているようですが、僕は未見ですので分かりません。華佗が『難経』を持っていた云々の前までは『史記』扁鵲倉公伝から引張ってきたものでしょう。興味のある方は扁鵲倉公伝を読んでみても良いと思います。余談ですが、ここには扁鵲の事績のみならず倉公(淳于意じゅんうい)についても書かれています。

その後は華佗が秘術として伝わってきた『難経』が一躍世間に出てきた理由が書かれています。
2つ説があるようですが、つまるところは

魏の曹操の怒りに触れて処刑された時、『難経』も一緒に焼けてしまった。其の時に彼の医術を惜しんだ人たちが、焼け残りの中から必死に文字をひろい出した。それを呂広が再び編集したものが今の『難経』のルーツとなった。
ということです。

扁鵲自身が伝説上の人物ですし、扁鵲の事績の時代がばらばらであることから扁鵲という医術集団があったという説まであるぐらいです。ここに書かれていることがどこまで正しいのかはよくわかりません。
また、後の序にもでてきますが、『史記』には越人が『難経』を作ったというふうには書かれていません。
普通は、「越人はこれこれの書を記した」ぐらいは書かれると思いますが、それがないのです。
隋書ずいしょ経籍志けいせきしにおいて

『黃帝八十一難経』二巻。 梁に『黃帝衆難経』一巻、呂博望の註有れどもほろぶ。


とあり、これが『難経』の名前が最初に出てきた文献となります。
また、『旧唐書ぐとうしょ経籍志けいせきしには、

『黃帝八十一難経』一巻。 秦越人の選。


とあり、ここで初めて『難経』の作者が秦越人であると記されました。
時代がかなり後になってから秦越人の書となったわけですから、あやしい部分もあります。
ですが、これらの経緯をふまえて『難経』は秦越人の書となったわけです。

ここは、これぐらいですかね。
次は4つ序がある一番最初の序についてみていこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。