スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『難経本義諺解』 一難の書き下し文

本文
一の難に曰く、十二經皆な動脉有り。寸口を取りて以て五藏六府死生吉凶の法を決すとは何の謂いぞや。

本義
十二經とは謂ゆる手足三の陰三陽、合して十二經と為るなり。手の經は則ち太陰肺、陽明大腸、少陰心、太陽小腸、厥陰心包、少陽三焦なり。足の經は則ち太陰脾、陽明胃、少陰腎、太陽膀胱、厥陰肝、少陽膽なり。皆な動脉有りとは、手の太陰の脉は中府、雲門、天府、俠白に動じ、手の陽明の脉は合谷、陽谿に動じ、手の少陰の脉は極泉に動じ、手の太陽の脉は天窓に動じ、手の厥陰の脉は勞宫に動じ、手の少陽の脉は禾窌に動じ、足の太陰の脉は箕門、衝門に動じ、足の陽明の脉は衝陽、大迎、人迎、氣衝に動じ、足の少陰の脉は太谿、陰谷に動じ、足の太陽の脉は委中に動じ、足の厥陰の脉は太衝、五里、陰廉に動じ、足の少陽の脉は下関、聽會に動ずるの類の如し。之を經と謂う者は、榮衛の流行、經が常に息まざる者を以て言うなり。之を脉と謂う者は血理の分袤して體を行く者を以て言うなり。故に經は徑なり。脈は陌なり。越人の意は蓋し謂えらく、凡そ此の十二經、經ごとに皆な動脉有り。上の文に云う所の者の如し、と。今置いて取らず。乃ち獨り寸口を取りて以て藏府死生吉凶を決するは何ぞや。

本文
然るなり。寸口は脉の大いに會する手の太陰の脉動なり。

本義
此れ一篇の大指なり。下の文に乃ち詳らかに此れを言う。寸口は謂ゆる氣口なり。手の太陰、魚際より却き行くこと一寸の分に居す。氣口の下を関と曰い、尺と曰う。云う者は皆な手の太陰の歴る所の處にして、手の太陰は又た百脉流注、朝會の始め為ればなり。五藏別論に帝曰く、氣口何を以て獨り五藏の主為るや。岐伯曰く、胃は水穀の海、六府の大源なり。五味は口に入りて胃に藏る。以て五藏の氣を養て變じて氣口に見わる。靈樞第一篇に云く、脉は太淵に會す、と。玉版論に云う、奇恒の法を行うに太陰自り始む、と。注に謂く、先づ氣口、太陰の脉を以て四時の正氣を定む。然り後に奇恒の氣を度量するなり。經脉別論に云く、肺は百脉を朝す、と。又た云く、氣口、寸を成して以て死生を決す。數論を合して之を觀るに信に知んぬ、寸口は手の太陰の部に當りて脈の大會と為ること明らかなり。此れ越人、問を立てるの意、獨り夫の寸口を取る所以なり。而して後世、之を宗て不易の法と為す。之を篇首に著すは、乃ち開卷第一の義なり。學者、之を詳らかにせよ。

本文
人は一呼に脉行くこと三寸、一吸に脉行くこと三寸、呼吸定息に脉行くこと六寸なり。人は一日一夜に凡て一萬三千五百息、脉行くこと五十度にして身を周る。漏水下ること百刻、榮衛、陽に行くこと二十五度、陰に行くことも亦た二十五度、一周と為すなり。故に五十度にして復た手の太陰に會す。寸口は五藏六府の終始する所。故に法を寸口に取るなり。

本義
上文を承けて言う、人とは平人病ずして息數える者を謂うなり。呼は氣の出陽なり。吸は氣の入陰なり。内經の平人氣象論に云う、人は一呼に脉再動し、一吸に脉再動し、呼吸定息に脉五動閏するに太息を以てす。命づけて平人と曰う。故に平人は一呼に脉行くこと三寸、一吸に脉行くこと三寸、呼吸定息に脉行くこと六寸なり。呼吸の數を以て之を言えば、則ち一日一夜、凡て一萬三千五百息なり。脉行の數を以て之を言えば、則ち五十度にして身を周るなり。而して榮衛の陽に行るは二十五度、陰に行る者も亦た二十五度なり。出入陰陽、參交互注して少間、斷あること無し。五十度畢りて漏下百刻に適當し、一晬時と為して又た明日の平旦に手の太陰に迺復す。此れ寸口は五藏六府の終始する所と為すなり。法を是に取ること有る所以なり。蓋し以みるに、榮衛は中焦に始まり、手の太陰、陽明に注ぎ、陽明は足陽明、太陰に注ぎ、太陰は手少陰、太陽に注ぎ、太陽は足太陽、少陰に注ぎ、少陰は手心主、少陽に注ぎ、少陽は足少陽、厥陰に注ぐ。計するに、呼吸二百七十息に脉行くこと一十六丈二尺、漏下二刻、一周身と為す。是に於いて、復た還りて手の太陰に注ぎ、積て之を盈つ。人、一呼一吸を一息と為し、毎刻一百三十五息。毎時八刻に計するに、一千八十息。十二時九十六刻に計するに、一萬二千九百六十息、刻の餘分に五百四十息を得たりて合して一萬三千五百息なり。一息に脉行くこと六寸、毎二刻の二百七十息に脉行くこと一十六丈二尺。毎時八刻に脉行くこと六十四丈八尺、榮衛身を四周す。十二時計するに、九十六刻に脉行くこと七百七十七丈六尺、四十八周身を為し、刻の餘分に行くこと二周身、三十二丈四尺を得たり。之を總て五十度身を周ることを為し、脉八百一十丈を為すなり。此れ呼吸の數、息脈行の度、晝夜百刻に合するの義なり。陽に行き、陰に行くとは晝に行き、夜に行くを謂うなり。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。