スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『難経本義諺解』 二難(書き下し文)

本文
二の難に曰く、脉に尺寸有るとは何の謂いぞや。
然るなり。尺寸は脉の大要會なり。


本義
尺は説文に云う、尺度の名。十寸なり。人の手郤ぞくこと十分の動脉を寸口と為し、十寸を尺と為す。䂓矩の事なり。古は寸、尺、咫、尋、常、仭、諸々の度量、皆な人の體を以て法と為す。故に尸に从い、乁に从い、指を布くの状に象る。寸は十分なり。人の手郤くこと一寸の動脉を寸口と為す。又に从い、一に从う。今按ずるに、説文に記する所の如きは尤も人の體中脉の尺寸なることを見るべし。尺は隂の分、寸は陽の分なり。人の一身、經絡、榮衛、五藏六府、隂陽に由らざるということ莫し。而して過と及ばざると尺寸に於いて見わる。故に脉の大要會と為す。一の難に寸口は脉の大會為ることを言うは、肺は百脉を朝するを以て言うなり。此に尺寸、脉の大要會為ることを言うは隂陽、對待を以て言うなり。太抵、手の太隂の脉は中焦より出で、行一路、直ちに兩手大指の端に至る。其の魚際より郤き行くこと一寸九分通して之を寸口と謂い、一寸九分の中に於いて尺と曰い、寸と曰い、而して関其の中に在り。

本文
関從り尺に至りては、是れ尺の内、隂の治まる所なり。関從り魚際に至りては、是れ寸口の内、陽の治まる所なり。

本義
関は掌の後、高骨の分なり。寸後、尺前の兩境の間、陰陽の界限とす。関從り尺澤に至るを之尺と謂う。尺の内は隂の治まる所なり。関從り魚際に至りては是れ寸口。寸口の内は陽の治まる所なり。故に孫思邈の云う、肘腕中の横文従り掌の魚際の後文に至て、却りて之を十分にして、入りて九分を取て、是れを尺と為す。魚際の後文從り却りて還り度りて十分の一を取る。則ち是れ寸なり。寸は之を十分にして入て九分の中を取る。則ち寸口なり。

本文
故に寸を分て尺と為す。尺を分て寸と為す。

本義
寸は陽と為し、尺は隂と為す。陽は上にして隂は下。寸の下は尺なり。尺の上は寸なり。関は其の中に居して以て限と為すなり。寸を分ちて尺と為し、尺を分ちて寸と為すとは、此れ之の謂いか。分は猶お別のごときなり。

本文
故に隂は尺内一寸を得、陽は寸内九分を得。

本義
老陰の數は十に終わる。故に陰は尺内の一寸を得。老陽の數は九に極まる。故に陽は寸内の九分を得。

本文
尺寸の終始は一寸九分。故に尺寸と曰うなり。

本義
寸は尺の始と為し、尺は寸の終と為す。尺寸と云う者は、終始を以て對待して言う。其の實は則ち寸は九分を得、尺は一寸を得。皆な隂陽の盈數なり。龎安常が云く。越人、手の太陰の行度、魚際の後え一寸九分を取りて、以て隂陽の數に配すとは盖し此れ謂うなり。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。