スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集 序

日本の古典を、というリクエストがあったので、鍼道秘訣集を紹介して行きたいと思います。
原文からカタカナ表記をひらがな、歴史的仮名遣いを現代の仮名遣いになおし、適当なところで句読点を打っていきます。

まずは序から。


當流(とうりゅう)撃鍼(うちはり)の元(はじめ)は、夢分翁、初め禅僧たりし時、悲母(ひぼ)極めて病者なりしかば、夢分之を歎き、母孝行の為、時の名人たりし醫師に逢いて捻鍼(ひねりはり)を習い得て、朝夕母を療治し、病を痊(いや)さんとすれども、重病にや験(しるし)も無し。

茲(ここ)に於(お)いて夢分翁、工夫を費やし、案を廻(めぐら)して、此の撃針を以て立るに、手に應じて験(しるし)を取のみかば、他人の病を痊事(いやすこと)十に九を全(まっとう)す。

之に因って、人の病苦を救うは薬師如来の慈悲の道理と念(おも)い、遠近、貴賤、貧福を撰ず、救うを以て専としたまふ。

故に其の名程無(ほどなく)四方に秀(ひい)づ。是れを意齋法橋(いさいほっきょう)聞き傳(つた)え、奇異の念(おも)いをなし、千里の道を遠とせずして、夢分の宅(いえ)に尋ね行き、師弟の約を堅とうし、歳を積み、重て奥義を授かり、終(つい)に其の名を高うす。

之に依って弟子數多(あまた)有りといへども、奥田意伯其の傳を得、月を重て洛陽に住して名を都鄙(とひ)に廣(ひろ)む。
相繼(あいつき)て、宗子九郎左衛門の尉尊直(たかなお)、父に越て針術に妙を現す事勝(あけ)て計え難し。其の嫡意伯同く相繼(あいつき)て、洛陽にして億萬人の病を救う。是即ち夢分翁より傳へ来る處の鍼法此の如し。

然るに、當流は十二經、十五絡脉、任督兩脉を考え針せず、根本の五臟六腑に心眼を付枝葉に構えず、針は心なりと和訓して、心を以て心に傳え、教外(きょうげ)、別傳(げべつ)、不立(ふりつ)、文字と號(ごう)するが故に、他流の如き遠理の廻遠(まわりとお)なる療治本更に之無し。

心の裏(うち)に奥義を納め、唯一心の持様を大事とするなり。此専一の處を護(まも)る事成難きがゆえに、管針(くだはり)、指針(しんし)など、名を替え、品を變て人の心を蕩(とらか)す。

譬(たとえ)ば、手書人尊圓流の御家の筆法成り難きゆえに、色色と書き替え、紛(まぎら)かすが如し。是の故に、多く過(あやま)ち有りて、十に九非業の死をする人數多(あまた)なり。誠に悲む可し、憐(あわれむ)べしと念(おもい)を心に止み難きに因って、萬人の死をも救い、千万の鍼醫の危(あやう)き事を成ず、上手號を取らしめんが為、秘中の秘事を書きあらわして、世寶(せほう)とするものなり。少も疑いを生ずること勿れ。


序文ということで、撃鍼がどういうものかという説明になっていますね。
序文の言いたいことを纏めてみます。
撃鍼(うちはり)というのは、今の打鍼のことです。

夢分翁が自分の母親を治すためにこの撃鍼を考案し、夢分翁が遠近、貴賤、貧福関係なしに人を治療していったので、日本中に名声が伝わるようになった。その名を聞いた御園意斎が夢分に弟子入りし、彼自身や他の人も名を馳せるようになった。
この鍼は五藏六府にしか注目せず、心持ちを大切にして治療することが何より大切である。しかし、うまく実践することが難しく、適当に治を施した医がいたために、ついには死人を出してしまった。そこで撃鍼の奥義をこの書に書き記したので、ここに書かれていることを少しも疑わずに実践を積めば、人を治すようになるであろう。

というのがここでの要約です。
夢分流というのは心持を大切にします。それは後の章(心持の大事、三つの清浄[すまし])でくわしく書かれています。それは治療家にとって本当に大切なことだと思います。金儲け主義に走らないことを戒めてもいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夢分流の末流

 僕が持っている日本の古典に「鍼灸重宝記」があるのですが、そこに「当流伝授の奥義」として

 「余が伝るところは本朝針家の祖、無分の末流なり、病の頭にあるも腹に刺し、病脚にあるも亦腹に刺す。
 諸病まず臍の下二寸、丹田の一穴を刺す。」

 と書いてあり、そこで無分流を知り、興味を持ちました。重宝記は腹診についても詳しくかいてあります。

 打鍼法は杉山流に取り入れられ、手技の中に消化されたそうです。

 有形無形で今に残る無分流の名文がここで観られるというのは、とても嬉しいですね。連載を楽しみにしています。
 

鍼道秘訣集

コメントありがとうございます。

鍼灸重宝記のその記述は『火曳の針』のことだと思います。
ふつうは産後の鍼として用いますが、産後以外にも用途がありますから。

しかし、杉山流はかなり幅を利かせてたんですね。
今のはり・きゅう理論で習う鍼術も杉山流から来ている?ということを聞いたことがありますし…。

鍼道秘訣集は一章一章がそんなに長くないので、ちょっとずつ紹介していけると思います。
プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。