スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脈の五行の象(かたどり)

『図注難経脈訣』という本には、脈と五行の関係について説明されています。

今回はそのあたりについてまとめてもようと思います。

『図注難経脈訣』七表八裏脈総論

七表なる者は、浮芤滑実弦緊洪なり。
八裏なる者は、微沈緩濇遅伏濡弱なり。
(略)
表脈は七有り、裏脈は八有り、共に十五脈なり。合して五行の分は各々三脈を得、三五の十五脈なり。
浮濇弱は金に属し、
弦緊伏は木に属し、
滑沈濡は水に属し、
芤実洪は火に属し、
微緩遅は土に属す。

とあります。つまり、これらの脈が出ていたら、その対応する五行に異常が出ている場合があるので、その五行に対応する穴(五行穴など)や経脈に対してアプローチするのも手です。

五行の相生順に並べ替えてみます。

主脈
客脈(太過)
客脈(不及)
(緊)
(伏)
(実)
(芤)
(遅)
(微)
(浮)
(弱)
(滑)
(濡)

この表での主脈は『脈訣刊誤』に載っていたもので、この脈でないものは総て客脈であるとしています。
太過と不及に関しては僕がまとめたものですが、主脈を中心とするとなんとなく太過と不及を分けれるような感じがしたのでこうしてみました。参考程度に、ということで()にしています。
主脈がさりげなく季節の脈の配当になっているのもポイントですね。
九道脈に関しても記述がありますが、九宮(八卦+真中)での記述と蔵府との配当であり、少々ややこしいので省略します。僕自身もこの配当に関してはよくわからないところもありますので。興味のある人は調べてみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。