スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集 ①當流他流之異

さて、『鍼道秘訣集』の第一章 當流他流之異(かわり)です。

他流の針を誹謗(そしる)にはあらず。我も元(もと)他針を習う事、九流なり。他流にては病者に煩(わづら)いの様子を聞き、療治をなせども、多くは病人に草臥(くたぶれ)来たり易し。

當流の宗とする處(ところは)は、病人に病証を問う迄(まで)も無く、腹を観、兎角(とかく)の病證を此方より委(くわし)く斷(ことわ)るしかのみならず、百日針すれども、漸漸(ぜんぜん)に験(しるし)はあれども、他流の如く草臥(くたびれ)の来る事無し。

是、當流の名譽なり。世俗の諺に品玉も種無れば成難しと云うが如く、藏府の居處に依って、病證變(かわ)る。厥(その)異(かわ)る處を以て、病証をも知り、還(また)、生死の善悪を明かにす。

當流の一一(いちいち)妙を現す格を左に顯(わらわ)す。心眼を付け、観るべきこと専(もっぱら)なり。

これを纏めると、

他流の鍼を中傷するわけではない。御園意斎も他流の鍼もならっていたが、他流は患者さんに問診して治療するが、多くはその間に疲れささせやすい。
当流の宗とするのは、患者さんに問診をせずに、腹診のみをし、そこから診断・治療していく。百日鍼をして効果はあっても、他流のように疲れさすことはない。
これほ当流の名誉なことだ。臓腑の変動によって病証を知り、病証を知ることによって、生死の判断を明らかにすることができる。
当流で効果のあることをこれから表していく。心眼をつけて理解していきなさい。

ということでしょう。
問診をすることで患者さんを疲れさせるのは本末転倒なことで、それだけで効果が落ちるということでしょうか。患者さんのお腹を診るだけでその人の状態ができる為、問診はいらず、疲れにくい。患者さんに優しい鍼術ということなんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。