スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国五術について

こんばんは。
今回はこないださらっとだした中国五術についてです。

中国五術とは、佐藤六龍氏によると、

本来、中国では占いは運命学として人生をより良く生きていくための方術として体系化されたものです。
その方術とは、「命」(人の宿命を占う)、「卜」(人が遭遇する事件を占う)、「相」(土地、家、墓、印鑑など形あるものを占う)、「医」(病気を治す術)、「山」(精神と肉体の鍛錬)の五つを指し、これらを総称して五術ともいいます。

(佐藤六龍著「占い」は信じるな! P26)
であるとしています。
これをみてみると、「占術」と「健康」に大きく分けることができそうです。

占術:命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)
健康:医(い)、山(さん)

これらは、一見関係のないようにみえて、実はそれぞれに関連があります。
大きな共通点として、陰陽論、五行論から成り立っている、というところにあるでしょう。

それぞれを少し細かくみると、
占術
「命」は、生まれた生年月日時から、その人の過去、現在、未来を占う(四柱推命、紫微斗数など)
「卜」は、知りたい事項に関して、現在ただ今の状態からそれに関連する未来の状態を占う(易など)
「相」は、その人がもつ、形あるものから現在、未来を占う(手相、姓名判断など)
ことであり、それぞれ範囲が異なっています。この三つをうまく組み合わせることによって、より占いの精度をあげていくようです。

健康
「医」は、人を健康にすること。
「山」は、自身を健康にすること。
であり、この中で、鍼灸師が担うのはもちろん「医」ですが、これには術者の「山」による修行もかかせないことになります。「山」には、気功や太極拳、武道などが含まれます。

また、「医」には、「はり」、「きゅう」だけでなく「推拿」「湯液」「導引」も含まれると思います。
現在の日本では、医師以外では、はり師、きゅう師、あんまマッサージ指圧師、薬剤師、登録販売者の資格を持った人がその範疇に入るということになります。

では健康と占術は関係あるのか?となりそうですが、私は関係あり!と言いたいです。
何故かというと、占いも陰陽、五行からできており、そのバランスを見ることで運命をみています。
つまり、占いでいう所の健康運や社会運、バイオリズムといったものをみることで、その人がどこか病みやすいか、どの時期に調子が悪くなるかが分かることになります。それを見越して施術したり、養生してもらったりすることで、病気を取り除いたり、予防することができるからです。

といっても、私も占いはまだまだよくわかっていないので、そこまで応用することはできませんが、簡単なみかたからおざっぱな判断はできます。
占いから鍼灸をみてもおもしろいかもしれませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。