スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郄穴について

今回は郄穴です。
『素問』、『霊枢』では郄穴としての郄の使い方はされていません。
「郄中」という委中の別名ででてくるぐらいです。

『脈経』にも郄穴は載っていません。

『鍼灸甲乙経』には、

府舍は腹結の下三寸に在り。足太陰、陰維、厥陰の会。此の脉は上下に腹に入り、胸を絡い、心肺に結す。脇を上りて肩に至る。此れ太陰の郄。三陰、陽明の支別なり。刺入七分。灸五壯。

孔最は手太陰の郄。腕を去ること七寸。金二七、水の父母.刺入三呼。留三分。灸五壯。

郄門は手心主の郄。腕を去ること五寸。刺入三分。灸三壯。

陰郄は手少陰の郄。掌後の脈中、腕を去ること五分に在り。刺入三分。灸三壯。

温溜は一名を逆注。一名を蛇頭。手陽明の郄。腕の後、少士は五寸、大士は六寸に在り。刺入三分。灸三壯。

会宗は手少陽の郄。腕の後三寸の空中に在り。刺入三分。灸三壯。

養老は手太陽の郄。手の踝骨の上の一空、腕の後一寸の陷なる者の中に在り。刺入三分。灸三壯。

地機は一名を脾舍。足の太陰の郄。別ちて上一寸を走る。空は膝下五寸に在り。刺入三分。灸三壯。

中郄は一名を中都。足厥陰の郄。内踝の上七寸、䯒骨中に在り。少陰と相い直す。刺入三分。留六呼。灸五壯。

水泉は足少陰の郄。太谿を去ること下一寸、足の内踝下に在り。刺入四分。灸五壯。

交信は足の内踝上の二寸、少陰の前、太陰の後廉、筋骨間に在り。陰蹻の郄。刺入四分。留三呼。灸三壯。

築賓は陰維の郄。在足の内踝の上、腨分中に在り。刺入三分。灸五壯。

梁丘は足陽明の郄。膝上二寸に在り。刺入三分。灸三壯。

外丘は足少陽の郄。少陽の生ずる所。足の内踝の上七寸に在り。刺入三分。灸三壯。

陽交は一名を別陽。一名を足窌。陽維の郄。在外踝の上七寸、斜めに三陽の分肉間に在り。刺入六分。留七呼。灸三壯。

金門は一名を関梁。足太陽の郄。足の外踝の下に在り。陽維の別属する所なり。刺入三分。灸三壯。

付陽は陽蹻の郄。足の外踝の上三寸、太陽の前、少陽の後、筋骨間に在り。刺入六分。留七呼。灸三壯。

とし、十七の郄穴を紹介しています。
歴史的には郄穴はいきなり登場したといっても過言ではありません。
現在は府舍を郄穴として数えていませんが、地機の代わりに府舍を使ってもおもしろいかもしれません。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八会穴の謎

 われらが英雄、鍼灸学の一考察~鍼灸学生のつぶやき跡kouitsu氏は今、原穴、十二経の成立の秘密、絡穴など実に古典より興味深い記事書かれています。ある意味、鍼灸の集大成であり、誰もがなんとなく疑問に思ったこと、さらには、一つ間違えば、今まで論ずることはタブー視されていたが、鍼灸を知る上では避けて通れぬ、と思われる事もさらりと書かれています。この流れで、僕は「八会穴」について書こうと。古典か...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。