スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集 ②當流臓腑の辨 その1

『鍼道秘訣集』の第2章 當流臓腑の辨(べん)です。
少々長いので、二分割します。

 鳩尾、俗に水落と云う。是を心臓と號(ごう)す。少陰、君火とて、毎年三、四月の暖かなる火、是なり。
此心に邪氣ある時は眩暈し、舌の煩い頭痛し、夜寢(ねむ)る事を得ず。又は眠る中に驚き、又は胸悸(むなさわ)ぎし、心痛み等の病を生ず。
 鳩尾の両傍らを脾の募と號し、脾の臓の病を是知る。
この號に邪氣有る日(とき)は、手足唇の煩い、両の肩痛み等あり。
 肺先(はいさき)は脾の募の両傍らなり。茲(ここ)に邪氣住(じゅう)するときは、息短く、喘息、痰出で、肩臂(ひ)きの煩い出る。
 肝臓と號(ごう)するは両章門、並びに章門の上下なり。
邪気出でる日(とき)は必ず眼目(まなこ)の痛み、疝気、淋病、胸脇攣(ひきつ)り痛み、息合い、短く、究めて短氣にして酸物(すきもの)を好む。又は足の筋攣ること、扨(あるい)は諸の病に寒氣を出すは、皆以て肝の業(しわざ)なり。肝瘧(かんしゃく)など云も此處(ところ)に邪氣あり。針して邪を退る時は痊(いゆ)る。

ここでいったん切ります。
この章では腹診をするさいの臓腑の対応するところと、臓腑が邪に侵されたときの症状が示されています。夢分流腹診の図があれば、それを見ながら読んでもらえれば、もっと分かりやすいと思います。

書いてあることそのままの為、まとめは書きません。

個人的な感想を言えば肝が悪くなるといろんな症状がでるみたいですね。
夢分流腹診の図をみれば、肝は肝相火となっていて、相火の扱いになっていることからも重要な位置づけなのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。