スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集⑤ 四脉之大事

鍼道秘訣集 第五章 四つの脉の大事です。

脉は往古(いにしえ)より七表八裏九道と分つといへども、加様に細かに採り知る人無し。
やうやう浮・沈・遅・數の四つを採り知る人も稀なり。しかるに、當流の四つの脉は、數千萬人の奇特あり。先づ動氣・動氣の亂る・相火・相火の亂ると號して四つなり。

動氣と云うは、遅からずトントントンと打ち来たる脉なり。世上にて平脉と號す是なり。

動氣の亂とは、右述る平脉の内に打切れあり。譬(たと)えば、トントントンと来たる脉、トントントントントントンと加様に打切する。是脉を無病なる人得る日(とき)は、必ず災難に逢うか、扨くは大病を得る事猜い無し。
舊(むかし)意齋と古道三同時の人にて殊に朋友(ほうゆう)たりし間、意齋、夢分より傳授し玉う是の四の脉を古道三へ傳え給う。
其後、道三用ありて關東へ下向の折節(おりふし)、道中の今の新井に泊り、日暮れて主の脉をとり觀玉うに、動氣の亂打来る。道三、下人共を呼び、一人づつ脉を觀玉うに、何れも災難に逢う脉なりしかば、道三不思儀の念(おも)いをなし、其の儘(まま)宿を立ち、夜と共に五六里關東の方へ下向して宿を借り、心を静め、上下の者共迄残らず脉を觀玉うに平脉なり。扨も不思儀の事哉と思い給う。其の夜、新井の山よりして螺(ほらがい)抜け出て、新井の諸人災難に逢うて死する者數を知らず。其日道三死を逃れ給ふも、是脉相傳の印なり。夫よりして道三、是の四つの脉を秘して輙(たやす)く相傳し玉う事無くして終(つい)に秘し失(う)せぬ。
今、意伯家に傳る。此の外、加様の奇特筆紙に盡し難し。仍(よ)って畧(りゃく)す。
扨又(さてまた)、相火と云う脉はトントントンと成程早く来たる脉なり。維(これ)を病人の脉と號す。相火の亂れと云は、トントントントントントンと早く来る脉の内に打切あり。此を死脉とする。加様の脉は十人が十人は死すると知べし。

此れ當流の大事なれども、是の四つの脉を知って療治する本道・針醫、謬(あやま)りをせざれば、非業の死無き時は大なる善根と念(おも)い、書き記す。
扨、是の脉の觀處は手に非らず。臍中・神闕に指の腹をあてて打来る脉を觀るべきなり。是の神闕を當流に三焦の腑と號す。維又(これまた)、相傳事なり。奥に記す。故に畧(りゃく)す。


この章では夢分流の脈診のことが記されています。
動氣・動氣の乱る・相火・相火の乱るの4つだそうです。
詳細はそれぞれの項を見てもらえれば、分かると思います。

夢分流の腹診は何回かやったことがありますが、脈診はしたことがないのでこの辺のことは分かりません。
動氣の乱れの脉だけは打ってほしくないですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。