スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鍼灸甲乙経』 その1

学校の先輩から『鍼灸甲乙経』をブログに揚げてくれないかといわれたので、実験的に揚げてみたいと思います。
『鍼灸甲乙経』本文は人民衛生出版社の『鍼灸甲乙経校注』をつかわせていただき、書き下し文は東洋学術出版社の『黄帝内経素問』および『黄帝内経霊枢』を参考にしていきます。

まず初めに『鍼灸甲乙経』についてです。

そもそも『鍼灸甲乙経』は晋の皇甫 謐(こうほ ひつ)によって書かれたとされ、『素問』、『霊枢』、『明堂孔穴針灸治要』という三書を、理解しやすいようにそれぞれから同じ内容の部分を切り貼りして書かれています。

ここで『明堂孔穴針灸治要』(以下、『明堂』と略します)という本が出てきましたが、おそらくなじみのないものだと思います。
この本は簡単に言うと古代の経穴辞典です。
現在では残念ながら亡んでしまっていますが、唐の楊上善が『明堂』に注釈を付した『黄帝内経明堂』という本の序文と巻一が奇跡的に仁和寺に残っていて、この『黄帝内経明堂』や、他の本を参考にすることで、『明堂』がどういう風に書かれていたかをつかむことができます。その為、諸先生方が『明堂』の復元をされていたりします。

さて、話しを戻します。
この本は何が良いかというと、『素問』や『霊枢』を読んでもらうと分かるのですが、篇の順番は関連項目が近くにあるのではなく、かなりバラバラに配置されています。初めから一篇一篇読んでいっても、議論があっちいったり、こっちいったりで、頭を切り替えるのが難しいのです。

そうすると、『素問』や『霊枢』の関連項目ごとにならべなおせれたらなぁ~という思いが出てきます。この思いは誰もが思うようで、古代の人もそう思ったんでしょう。皇甫 謐が『素問』と『霊枢』を関連項目ごとに切り貼りして、理解しやすいようにしてくれました。
また、『素問』と『霊枢』では経穴に関する記述があまりありません。そこでさらに経穴の辞典である『明堂』を組み込むことによって、この一冊で治療の理論や方法、具体的な取穴による治し方までを網羅しているという素晴らしい本ができあがりました。

同じような試みは『黄帝内経明堂』を書いた楊上善も行なっています。『黄帝内経太素』という本です。この本は『素問』と『霊枢』のみを切り貼りして作られたもので、これもまた仁和寺にのみ残されています。
ただ、この『太素』は『鍼灸甲乙経』のように全文が完全に残っているわけでなく、三十巻ある中で二十四巻分しか残っていません。それに残っている巻でも文の途中が欠けていたりして、全ての内容を知ることはできないのです。

このように、『素問』と『霊枢』の内容を知りたいと思うならば、『鍼灸甲乙経』を読むことによって理解がしやすくなるのではないかと思いました。
さて、『鍼灸甲乙経』に注目したのはいいのですが、いかんせん日本語に訳されていないという大きな問題が…。

『素問』と『霊枢』からできてるんだったら、既に訳されているものを参考にして理解していけばいいだろうと思い、『鍼灸甲乙経』の原文をなんとか見つけようと、よく行く古書屋さんを訪ねてみても見つけることができませんでした。そんなある日、奇跡的に本屋さんで人民衛生出版社さんの『鍼灸甲乙経』を発見することができ、こうして『鍼灸甲乙経』の内容を書き下し文にする日々が始まりまったというわけです。

そうして6月の初めぐらいでしょうか。身体の調子が悪くなって中断してしまい、結局10月まで何もせずに放置という状態…。最近、ちょっとずつはじめていき、この調子だと一週間後には巻ノ四が全て終了しそうです。

まぁそんな感じでやっています。試しに【巻ノ一『精神五蔵 第一』】を揚げようかと思ったのですが、かなり長いのでやめます。その代わり、そんなに長くなく、『鍼灸甲乙経』の特徴がでている【巻ノ一『五藏六府陰陽表裏 第三』】にしたいと思います。

これだけでかなり長くなってしましましたね(^_^;)
実際に揚げるのは明日にしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鍼灸甲乙經の完全翻訳出版

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいています。
本当に学生ですか?そうであれば今後が頼もしいですね。
 このたび東洋医学の原典である1700年前に皇甫謐により編纂された鍼灸甲乙經を完全に翻訳して出版する運びとなりました。
詳細につきましては下記ブログにご訪問ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kouotukyou_yt92で検索いただくと「鍼灸師・医師必携!待望の東洋医学最古の叢書(針灸甲乙經)が復活!」のタイトルでページが出てきます。
出版は三和書籍から9月の予定にしております。
ぜひ参考までにご購読ください。

Re: 鍼灸甲乙經の完全翻訳出版

年吉康雄様
はじめまして。
いつもきてくださって、ありがとうございます。
私は国家試験を控えている、しがない学生です。
誰かに医古文を習ったわけではなく、自己流に古典を読んでいます。どう読めば良いのか分からないところもあるので、訳や解釈があやふやな部分も多々あると思います。
それに勉強不足なのでまだまだ考えが至らないところもありますが、自分の考えをなるべく書いていこうと思っています。
おかしな所があれば、教えていただけると幸いです。
これからも宜しくお願いします。

『鍼灸甲乙經』の完全翻訳、すごいですね!
『鍼灸甲乙経』は重要書籍なのに、今まで翻訳すらなかったのが不思議でしかたなかったのです。
既存の『素問』や『霊枢』の訳や解説を参考にしながら読むしか方法がありませんでした。
翻訳があるこのと意味はかなり大きいと思うので、これからの鍼灸業界の活性につながるのではないかと思います。
本が出版された時には私も買おうと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。