スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鍼灸甲乙経』 その2

さて、五藏六府陰陽表理論です。
その1で書いたとおり、『鍼灸甲乙経』は『素問』と『霊枢』から成り立っています。その文章がどこから出たものかも示しておきます。なお、その部分は原文にはありません。

長くなるので、書き下し文っぽいもののみで、日本語訳っぽいものは書きません。


『霊枢』 本輸編 第二より
 肺は大腸に合す。大腸は伝道の府なり。心は小腸に合す。小腸は受盛の府なり。
肺は大腸に合す。大腸は伝道の府なり。肝は膽に合す。膽は中精の府なり。
脾は胃に合す。胃は五穀の府なり。腎は膀胱に合す。膀胱は津液の府なり。
少陰は腎に属して肺に上連す。故に両臓を将(ひき)いる。
三焦は中瀆の府なり。水道はこれより出づ。膀胱に属す。これ孤の府なり。
これ、六府の合する所の者なり。

『素問』 五臓別論篇 第十一より
 素問曰く、夫れ脳・髄・骨・脈・膽・女子胞のこの六者は地氣の生ずる所なり。
皆、陰を蔵して地を象る。故に蔵して瀉らさず。名付けて奇恒の府と曰う。
胃・大腸・小腸・三焦・膀胱のこの五者は、天氣の生ずる所なり。
その氣は天を象る。故に瀉して蔵せず。これ、五臓の濁氣を稟く。名づけて伝化の府と曰う。
これ久しく留むること能たわずして、輸瀉する者なり。魂門もまた五臓の使と為す。
水穀久しく蔵を得ず。五蔵は精神を蔵して瀉さず。故に満ちて實すること能たわず。
六府は物を伝化して蔵せず。故に實して満ちること能たわず。
水穀口より入れば、則ち實して腸虚す。食下れば、則ち腸實して胃虚す。
故に實して満たず、満ちて實せずなり。
氣口、何を以て獨り五蔵の主と為すや。
胃は水穀の海にして六府の大源なり。

注釈
 肝と膽は合と為す。故に足の厥陰と少陰は表裏と為す。
脾と胃は合と為す。故に足の太陰と陽明は表裏と為す。
腎と膀胱は合と為す。故に足の少陰と太陽は表裏と為す。
肺と大腸は合と為す。故に手の太陽と陽明は表裏と為す。

『霊枢』 師伝篇 第二十九より
 五蔵は肺、これが蓋なり。巨肩陥咽を候い、外を見る。
心、これを主と為し、缺盆これが道たり。[骨舌]骨(かつこつ)餘り有るを以て、内の[骨曷][骨于](かつう)を候う。
肝、これ将たることを主ると為し、これをして外を候がわしむ。堅固を知らんと欲っせば、目の大小を視よ。
脾、衛たることを主り、これをして糧を迎えしむ。唇舌の好悪を視るを以て、吉凶を知る。
腎は外たることを主り、これをして遠くを聴かしむ。耳の好悪を視るを以て、その性を知る。
六府は胃、これが海なり。廣骸・大頸・脹満なるは、五穀及ち容る。
鼻隧、長きを以て大腸を候う。
唇厚く人中長きは、以て小腸を候う。
目下の裏大なるは、その膽及ち横たう。
鼻孔、外に在るは、膀胱が漏泄す。
鼻中の中央起くるは、三焦及ち約す。
これ六府を候うゆえんなり。
上下三つながら等しきは、蔵安んじて且つ良し。


以上です。
一応、こんな感じです。この篇はまだましですが、他の篇はこれよりも長いので、ブログで掲載するのは無理があるような気がします。

こうみてもらうと、『鍼灸甲乙経』は『素問』と『霊枢』を切り貼りして作られているのがよく分かると思います。
たまに注釈部分が入ることもあり、それは『素問』・『霊枢』には無い部分です。
皇甫 謐の注釈なのか、関係ない人の注釈なのかは分かりませんが…。

このような調子で、『鍼灸甲乙経』は書かれていきます。
巻ノ一……身体の概論について。
巻ノ二……十二経脈・十二経筋・十二経別・奇経八脈の流注について。
巻ノ三……経穴の位置とドーゼについて。
巻ノ四……脈及び脈診について

…というように、巻毎に書かれていることが違っていて参照しやすいようにもなっています。
学校の図書室などにあれば、一度は読んでみても良いかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。