スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三部九候脈診とは

現代で一般的に用いられている脈診は「六部定位脈診」ですが、それだけではなく、いろいろな脈診があります。
例えば、『素問』の脈法は「三部九候脈診」、『霊枢』の脈診は「人迎・気口脈診」、『難経』の脈診は「寸口部脈診」、「菽法脉診」等、他にもいろいろな脈診があります。

今回、『鍼灸甲乙経』を写していて、ちょうど「三部九候脈診」の所になりました。実はどんな脈診かかなり楽しみにしていました。そしていろいろ解説をみていると、「三部九候脈診」に使われる部分が人によって違うんじゃないかと思ったので、ここで整理してみたいと思いました。

まず、「三部九候脈診」とは、頭、胸、足と身体を3分割し、それぞれの場所において3つの動脈を診ることでどこが悪いかを判断する脈診です。

『素問』 三部九候論篇 第二十
『鍼灸甲乙経』 巻ノ四 三部九候 第三
によると、 
上部の天は両額の動脈なり。上部の地は両頬の動脈なり。上部の人は耳前の動脈なり。
中部の天は手太陰なり。中部の地は手陽明なり。中部の人は手少陰なり。
下部の天は足厥陰なり。下部の地は足少陰なり。下部の人は足太陰なり。

上部の天を以て頭角の氣を候い、地を以て口歯の氣を候い、人を以て耳目の気を候う。
中部の天を以て肺を候い、地を以て胸中の氣を候い、人を以て心を候う。
下部の天を以て肝を候い、地を以て腎を候い、人を以て脾胃の氣を候う。

とあります。
上部、中部、下部が身体を三等分にしたときの名称、
天、地、人がそれぞれの場所で三等分したときの名称を表しています。

さて、ここで問題となるのがそれぞれの動脈がどの部分を指しているかです。

石田秀美先生の『黄帝内経素問』の解説を見ると、
上部の天は太陽穴。上部の地は居りょう穴。上部の人は耳門穴。
中部の天は経渠穴。中部の地は合谷穴。中部の人は神門穴。
下部の天は太衝穴。下部の地は太谿穴。下部の人は衝陽穴。
となっていました。

中国の張燦甲先生は、『鍼灸甲乙経』の注釈で、『太素』、『素問・王冰本』、『類経』の註によって、以下のように定めています。
上部の天は頷厭穴。上部の地は地倉穴、大迎穴。上部の人は和りょう穴。
中部の天は寸口部。中部の地は労宮穴。中部の人神門穴。
下部の天は五里穴、女は太衝穴。下部の地は太谿穴。下部の人は期門穴。

また、菊池亨先生は、著書「あきらめないで、鍼ならここまで治る」の中で、
上部の天は太陽穴。上部の地は居りょう穴。上部の人は耳門穴。
中部の天は寸口部。中部の地は合谷穴。中部の人神門穴。
下部の天は五里穴。下部の地は太谿穴。下部の人は期門穴。
としています。

みごとにバラバラですね。
一応、中部の天、地、人は一致しているようですが、張燦甲先生は中部と下部は手足の陰経で統一されているも関わらず、手の陽明経とするのはおかしいのではないか。それならば手の厥陰経の労宮が来るべきだとして、中部の地を労宮穴としているようです。

動脈といえば、『難経』の一難で動脈について書かれていて、『難経集注』では呂広と楊玄操による注釈があります。
それぞれの要点を抜き出すと

呂曰く、足太陽は委中が動く
     足少陽は耳前が動く。  楊曰く、下關穴なり。又、懸鍾が動く。
     足陽明は趺上が動く。       衝陽穴なり。又、人迎・大迎が動く。
     手太陽は目外眥が動く。      瞳子りょう穴なり。
     手少陽は客主人が動く。      又、聴會が動く。
     手陽明は口邊が動く。       地倉穴なり。
          又、陽谿が動く。
     足厥上゚は人迎が動く。       按ずるに、人迎は乃ち足陽明脉にて、足厥上゚に非ざるなり。
     按ずるに、厥上゚は回骨において脉動す。

     足少上゚は內踝下が動く。      太谿穴なり。
     足太上゚は髀上が動く。       箕門穴なり。
     手少上゚は掖下が動く。       極泉穴なり。又、靈道、少海が動く。
     手心主は勞宮が動く。
     手太上陰は太淵が脉動す。     又、尺澤・侠白・天府が動くなり

おそらくここにヒントがあるかなぁという感じです。

ここのみを参照にすると、
上部の天は-。上部の地は-。上部の人は下關穴もしくは懸鍾穴。
中部の天は太淵穴。中部の地は陽谿穴もしくは労宮穴。中部の人は霊道穴もしくは少海穴。
下部の天は-。下部の地は太谿穴。下部の人は期門穴。
-はここでは同定できない経穴です。

頭がこんがらがってきそうですが、張燦甲先生が言われているところと一致しているかその周辺部であるかですね。これ以上は考えれません。「三部九候脈診」に詳しい人に聞いてみたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。