スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集⑬ 針不抜抜事

鍼道秘訣集 第十三章 針の抜けざるを抜く事です。

是の針の抜けざると云う事、凡そ初心の間にこれ有り。是の故に立て替えの針とて二三本も用意する物なり。大方左の手の押手の業(わざ)なり。
初心なる内は、押手を剛(つよ)く押せば、肉針を巻く事無し。押手弱ければ肉針を巻くに依って抜けず。其の時の針立の心、動轉(どうてん)し、色を失ない、多くは其の針抜くことを得ず、負る物なり。

左様の抜けざる針を抜くには前の針に構わず、其の針の四方に針を立てるか、扨(あるい)は立て有る針を手に持て病人の足の裏を爴(か)かすべし。足の裏を爴(か)けば、爴(か)く處に病人の氣移る。其時針を捏り抜きに抜くべし。抜かざる針の處へ病者の心移り居るがゆへにぬけず。仍(よっ)て足の裏を爴(か)く時は、病者氣轉んじて爴(か)く處へうつるに依って針抜けるなり。
總じて針を捏(ひね)り抜きにすれば加様の難無し。

還(また)深、針すれば験(しるし)有りとて、邪氣を過ぎ針すれば、加様に針の抜けぬ事も有り。
又は藏腑を破るがゆへに病者に草臥(くたびれ)来る物なり。其の邪氣軽ければ針も軽く、重ければ針も亦た重く、邪氣程に針すれば病人草臥(くたび)るる事も無く、針の抜けぬ事も無し。

難經に四季に依って針の深浅の變あれども、當流に用ひざるは何かと云ふに、春夏は氣血上に浮ぶ。故に、針も浅しと難經に記せども、病重きに浅く針しては少も効(しるし)無し。

還(また)、秋冬は氣血下に沈むに依って針を深く指すの由を書す。
しかりといへども、病軽ければ針も又浅くす。病の軽きに深針すれば、邪氣を越て害(とが)無き藏腑にあたる時は返て藏腑を損ずるゆへに、邪氣程に針する事當流の掟なり。
扨ち邪氣に針の中(あた)る、中(あたら)ざるを知るは、撃ち槌の調子にてしるるなり。是の段、能能(よくよく)合點(がてん)あらば、針の抜ざる難も無く、病も安く痊ゆべきなり。


以上です。
この章では鍼が抜けなくなったときの対処法が書かれています。

まず初心者が陥りやすいこととして、押し手が弱い為に筋繊維がからみついて抜けなくなる時がある。
対処方法は、打った鍼の四方に鍼を立てるか(おそらく副刺激術的な使い方)、足の裏をくすぐって、患者さんの気をそらすこと。

また、鍼を深く打ちすぎたことによって抜けなくなる時もある。
対処法としては、邪氣の深さによって浅深を変える。邪氣の深さは小槌の調子によって判断する。

ということが書かれています。



最初のはともかく、次に書かれていることはかなり重要ですね。
鍼が邪氣や硬結に届いた時で刺入を止め、邪気を鍼に引き寄せながら抜いて邪気を散らすということでしょう。
そうすることで患者さんの負担も減るので疲れにくいんだと思います。

僕も練習中に抜針困難が起きて、鍼が抜けなくてかなり焦った覚えがあります。
なんとか抜くことができましたが…。
あわてずに対処することも鍼灸師の務めなんで、この章を参考にして抜針困難が起きないようにしたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。