スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集⑭ 針痛

鍼道秘訣集 第十四章 針痛です。

凡そ病者に針して後、針跡脹痛む人あり。是は邪氣を越て深針して藏腑損ずるなり。
又、針は邪氣にすれども痛むは針を立る日(とき)の心持ち正路ならざると知べし。
針跡痛みて忍ぶべからざる人には前廉針したる穴の四方に針すれば、痛む處へ氣血の聚(あつ)まりたるが散て愈える。是等の時は散ずる針を立を吉。

[針迹痛む立て直しの針圖]

   針迹痛む立て直しの針圖

何れの處にても針跡の痛む處へ是の如くに針すべし。
真中の一つは前に針したる處。
四方の四つは後の針の立様なり。處定まらず。



鍼をした後に鍼をした所が腫れ痛む人がいる。
これは邪気を深く超えて臓腑を傷つけた為である。また、きちんと邪氣に鍼をしていてもその時の心持ちが良くなかった為である。
鍼の痛みを訴える人には、痛みを起こした鍼痕の四方に鍼をすれば、痛むところに気血が集まりが散って治る。このときは散ずる鍼をするのが良い。

[針迹痛む立て直しの針圖]
どの場所でも、針跡の痛む所へはこの様に針をすればよい。真ん中は前に鍼をした所。その周りの四つは後で針をする所である。場所は決まっていない。


これも重要なことが書かれていますね。
針をした後に腫れたり痛んだ時に使う針のようです。文の意味を考えると副刺激術の説明のようです。
散ずる針を使うのも気血の集まりを散らすという意味合いが強いのでしょう。
痛みや腫れが起きた時には是非やっておきたい針ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。