スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇経治療について まとめその2

長らく放置していましたが、奇経についてまたやっていこうと思ったのでとりあえずちょっとしたまとめを。

奇経治療をいろいろと調べていると、奇経治療には

(手の少陰心経)  通里―太衝 (足の厥陰肝経)
(手の陽明大腸経) 合谷―陥谷(足の陽明胃経)

という組み合わせもあるようです。これは東洋はりの福島弘道先生が考案したらしいのですが。
これに今までの組み合わせを例によって子午流注で考えてみようと思います。

奇経治療10パターン

線を引いているところが各奇経の組み合わせです。
これをみると分かる通り、
陰経の手で対冲に向かう→陽経の手でとなりに向かう→陽経の足でとなりから向かわれた→陰経の足で対冲から向かわれた
を繰り返しています。

これを十二支での関係に置き換えると、
陰経の手で対冲に向かう(寅・午・戌);三合火局
陽経の手でとなりに向かう(卯・未・亥);三合木局
陽経の足でとなりから向かわれた(辰・申・子);三合水局
陰経の足で対冲から向かわれた(巳・酉・丑);三合金局

となり、十二支の三合で説明がつくのではないかと思いますが、4支繰り返しているのは普通の状態でもいえるわけで、あまり関係ないのかもしれません。

また、十二支にはそれぞれ生死の所があるのでそれを引き合いにだすと、

外関(手の少陽三焦経、陽維脈)-臨泣(足の少陽胆経、帯脈)
亥…木の生
子…水の王

合谷(手の陽明大腸経)-陥谷(足の陽明胃経)
卯…木の王
辰…水の葬(墓)

後渓(手太陽小腸経、督脈)-申脈(足の太陽膀胱経、陽蹻脈)
未…木の葬(墓)
申…水の生

列欠(手の太陰肺経、任脈)-照海(足の少陰腎経、陰蹻脈)
寅…火の生
酉…金の王

通里(手の少陰心経)-太衝 (足の厥陰肝経)
午…火の王
丑…金の葬(墓)

内関(手の厥陰心包経、陰維脈)-公孫(足の太陰脾経、衝脈)
戌…火の葬(墓)
巳…金の生

となります。

ちなみに、
生とは、各五行が生まれる所
王とは、各五行が盛んな所
葬(墓)とは、各五行が尽きる所
を意味しています。

陽経は相生、陰経は相剋関係にあることが分かります。
これだけではなんともいえないですが。

とりあえず思いついたのはこれぐらいです。

奇経の総穴が奇経の流注と離れているのが気になると最初で書きましたが、解決に結びつきそうなヒントをもらえたので、それについても考察したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。