スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集⑱ 車輪之法

鍼道秘訣集 第十八章 車輪の法です。

諸病共に邪氣を根(もと)として立てるべし。邪氣あらざる處に立てるべからず。
過(とが)無きを討伐するが如し。何様の煩にても兩脾の募・兩の肺先・章門・兩腎・胃の腑を見分けて療治すべし。
右に云う處の分、何様(なによう)の病にても此の處にて療治すれば、車の兩輪の如く療治早く廻るとの心にて車輪の法と號するものなり。


この章では邪気の無い所に針を立てないことを説明しています。
邪気を見分ける場所として特に脾募・肺先・章門・腎・胃の腑を挙げています。章門は肝相火のことです。
夢分流の腹診では五藏六府で判断しますが、臓腑が病に侵されやすいのが肝・脾・肺・左腎・胃・右腎(命門)なのだと思います。
邪気を見極め、その邪氣に対して効果のある針ができれば、それだけ治療も早く終わらせることができるので車輪の法と名付けられているみたいです。

邪気がどこにあるのか見極めれたいものですね。

さて、これで『鍼道秘訣集』の上巻は終わりました。次からは下巻に入っていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。