スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集24 知腫氣来事

鍼道秘訣集第二十四章 腫氣の来たる事を知るです。

諸病に腫氣の来たるを兼ねて知る事、最も相傳とす。此れ習いをしらざれば、本道にても針醫にても下手の名をあらわす。
これに依って、病者に腫氣来ず様に前前よりして立る物なり。
扨(しか)も、此れ目付處の大事は胃の腑なり。大病人を受け取り針せば、胃の腑へ邪氣の寄ざる様に針する事最も習いと為す。胃の腑へ邪氣寄るば、必ず食進まずして病者一日一日と草臥るる。扨(もし)くは胃火亢(たか)ぶり乾くがゆへに、病體より食進み過る。
是れ即ち腫氣の来る相なり。随分と胃の氣の邪氣を拂い見みるに退ずんば、辞退し療治すべからざるなり。
扨(さて)、大病人を初めて觀るに、胃の腑に邪氣あらば食進み、過ぎぬるか食後に眠り来たると云うべし。
又、足の甲、腰の廻に腫氣ありて腰冷ゆるかと問うべし。必ず左様に有る物なり。
肥えたる人ならば療治すべし。痩せたる人の腫氣は大事なれば、必ず辞退して治すべからざる也。


いろんな病に腫氣が来ることを事前に分かるということを伝えるべきことである。夢分流でも鍼灸師の上手い、下手が別れるとことである。
腫氣が来ることが分かるのは、胃の腑をみていることである。胃の腑へ邪気が近寄らないように針をするのが一番である。胃の府へ邪気が近寄れば、必ず食が進まないでどんどん疲れていくだけである。もしくは胃火の昂りによって胃が乾いてしまう為に、病であっても食が進む。
さて、病人を診ていると、胃の腑に邪気があると食欲が増し、進み過ぎて食後に眠気がくると言う。
また、足の甲、腹の周りに腫氣があると分かっても退くことができなければ、他の人に治療するように頼むべきである。
また、足の甲、腰のまわりに邪氣がある場合は、お腹が冷えているかを聞いてみたらよい。必ずそうだと答えるはずである。
肥満の人は治療したらよい。痩せている人の腫気は大事になるので、必ず辞退して治してはいけない。


腫気について書かれています。腫気に関しては胃の腑を観ることが大切だとします。
胃の腑に邪気が近寄ると、食欲がないか、どんどん疲れいていくだけになります。
もしくは、胃の気が活発になりすぎて食欲が増進し、眠気もくる場合があったり、足の甲や腰のまわりに邪気がある場合には、お腹が冷えているかを尋ねてみると、冷えているという答えがかえってくろそうです。
肥満の人は治療しても良いが、痩せている人には治療してはいけないとなっています。
痩せている人の腫気は治療が大変だということだと思いますが…。
とにかく、腫気に関しては胃の状態を観ることが大切だということですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。