スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鍼灸甲乙経』 巻ノ五まで終了!

ようやく『鍼灸甲乙経』の書き下し文っぽいものを巻ノ五まで終えることができました!
六月で巻ノ四の初めの方で止まり、10月から再開したので約1カ月で2つの巻を終えたということになります。

とりあえず巻ノ五までやろうと思っていたので、ひと段落ついてほっと一息です♪
巻ノ五の内容は鍼の種類や刺し方等、鍼を用いることにつてのものだったので、かなり楽しく写させてもらいました。特に古代九鍼や刺し方についてはいろいろ試してみたいです。

そして巻ノ六以降で感違いしてたとことが一つ。
巻ノ六以降は『明堂』からの引用部分となるので、『素問』・『霊枢』からの引用は全くないと思っていこんでいました。

実際にはそうではなく、『素問』・『霊枢』での病状の説明から入り、その病気がどの経穴で効くかが書かれているようです。巻毎に似たような病気の事に関して書いてあるとは思いますが…。

配穴について勉強しようとおもうならばむしろこれからが本番のような気もしますが、とりあえず明日は『鍼灸甲乙経』を写すのはやめようと思います。

それから以前試しにアップした『鍼灸甲乙経』巻ノ一のやつですが、文字がつぶれてしまっているので読めないですよね。アップしてすぐに気が付いていたんですが、スルーしてました(^_^;)
これはもう少し大きく書いていくか、ワードとかに再度打ち直した方がよさそうですが、それをすると時間がかかりそうなのであまりやりたくないです。

画像処理ソフトで処理してもなんとかならなさそうなんで、ブログでアップするのはやめとこうと思います。

ただ書き下し文を行なった時に、注釈がついているものとかを完全に無視して本文だけ写していったので、それを付加したものとかを作った方がいいかもしれないと思っています。
もしその作業を本格的にやりはじめたら何かいいようにできるように考えときます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。