スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集27 中風針之大事

鍼道秘訣集第二十七章 中風針の大事です。

是も病証、諸書に之有り。故に畧(りゃく)す。
左右の半身かなはざる治療に習いあり。

左の半身遂(かな)わざるは、邪氣右の傍らに有り。
右の半身遂(かな)わざるは、邪気左の傍らに有り。

是れ、當流の習いなり。邪氣を本と為して針すべし。
一方へ氣血偏寄(かたよる)故に一方虚して、虚の方遂(かな)わずして、其偏實(へんじつ)の方を専らと針して、虚にかまはず針すれば、偏(かたかた)の氣血、虚の方へ移り兩傍ら平になる時は、遂(かな)わざる偏身(へんしん)痊(い)ゆる。
譬(たとえ)ば、秤の軽重あるが如し。
諸病の發(お)こると云うも、氣血相對して軽重なければ平人無病なり。
臟腑の虚實に依りて發(お)こる邪實を退くる時は、平になり、病い無し。
是の理(り)、萬病に用ゆ。
扨又(さてまた)卒(そつ)中風して氣を取り失うには、鳩尾并(なら)びに兩傍らに針を深くする日(とき)は本心になるなり。
是の針にて氣付けずは神闕にすべし。
鳩尾に針せざる前(さき)に神闕の脉を觀るに脉無くば、兎角死する人なり。
少しにても動脉あらば、針して宜し。
扨(さて)、本心になりての後には、前の療治と心得べきなり。


纏めると、
是の病証もいろいろな書にかかれているので、省略する。
左右の半身が動かない治療には習いがある。

左半身が動かないのは、邪気が右にあるからである。
右半身が動かないのは、邪気が左にあるからである。

これが当流の習いである。邪気を本として針をしなさい。
片方へ気血が偏っていているから、一方が虚すと虚した方が動かなくなる。その偏った実の方に針をして虚している方には針をしない。そうして偏った気血が虚の方へ移って偏りが無くなると、動かなくなった半身は治る。
これを例えるならば、天秤の傾きのようなものである。
色々な病が起こるといっても、気血が相対して軽重がなければ病は起こらない。
臓腑の虚実によって起こる邪気を払えば、平になって病が起こらない。
この理は万病に適用できる。
また、卒中風を起こして気を失うことがあれば、鳩尾とその傍らに針を深く刺すと気がつく。
それでも気がつかなければ神闕に針をする。
鳩尾に針をする前に神闕の脈を観ても脈がなければ、死んでしまう人である。
少しでも脈があれば針をしてよい。
気がついた後の治療は、前のようにする。



この章では中風に対する治療が書かれています。
右半身が動かなければ左半身に邪気が在るとし、左半身が動かなければ邪氣は右半身に在るとします。症状がある方とは逆側に邪気が存在しているようです。
症状の反対側は実に偏ってしまい、症状のある方は虚に偏ってしまい、虚は力がないので虚してる半身が動かなくなるのだと思います。
治療の仕方としては、とにかく実を瀉すことに専念して、虚しているところは触らない。
そうすると実の気血が虚に流れていき、左右で気血の流れが変わらなくなるので当然治るということになります。
卒中風を起こした人には、まず神闕(臍)の脈をみて、脈があれば鳩尾とその傍らか神闕に針をすると治り、神闕に脈がない場合はそのうち死んでしまうそうです。
気がついた後には、偏った実を払うことに専念すればいいようです。

この中風のように症状があるからといってその部分に針をするのではなく、対側に原因があるからこそ、その方に症状が出ているので、反対側を刺せということみたいです。
つまりは『巨刺』で治していくということでしょう。
患側でとるか健側でとるかの見極めも大切ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。