スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集28 亡心之針

鍼道秘訣集 第二十八章 亡心の針です。

亡心とは一切の煩い、大食傷、頓死等に心氣をとり亡なうを云ふ。
右に書する如く、先づ神闕の動脉を診(う)かがい、脉無くば針せず。脉少にても有らば、鳩尾同く兩傍らに深く針す。是の針にて利せずんば、神闕に深く立るべし。
是れにて生きずは定業(じょうごう)と知べし。是れ當流の大事なり。
亡心の証は皆以て邪氣心包絡に紛(みだ)れ入りて、心氣を奪(うば)うが故に、斯(かく)くの如し。
因て鳩尾并(なら)びに兩傍らに深く針して心邪を退けぬる時は、本心に歸するなり。
諸病の心持ち、實積(つ)んで邪と變し正を失ふ。其邪を退くる節(とき)は元(はじめ)の正にて病無と悟べきなり。


亡心というのは様々な患い、大食傷、瀕死等で心気を失っていることを言う。
右にかくように、最初に神闕の動脈を診る。
脈がなければ針をせず、脈が少しでもあれば鳩尾とその両傍らに深く針をする。
この針で効かなければ神闕に深く針をたてるとよい。
これで効かなければ定業であったということだ。
これは当流の大事である。亡心の証は皆邪気が心包に入り込まれ、邪氣によって心気が奪われるから起きるのである。
よって、鳩尾とその両傍らに深く針をしても心邪を払うことができると、正常な状態に戻る。
諸病が起きるのは、実を積み重ねるていくと実が邪に変わってしまうため、正を失ってしまう。邪を払えたときが本来の正であって病気でないことを知るべきである。


この章では亡心について書かれています。
亡心というのは、大食傷、瀕死等で心気を失っていることを言います。
前章の「中風の針」で書かれていたように、最初に神闕(臍)の動脈を診て、動脈が無ければ針をせず、動脈が少しでもあれば鳩尾とその両傍らか神闕に針をします。
亡心の証というのは、心包が邪に侵されてしまい心も邪に侵されてしまうから起きるようです。

心包というのは、心臓を守る役割をしているので、その心包が邪に侵されてしまうと心にも邪が及んでしまう為に起こってしまうということでしょう。
なので、邪を払えると正常な気に戻るので病気も治ってしまいます。

前章に引き続き、神闕(臍)の脈をみることの重要性が書かれています。
臍は生命力が宿っている場所と考えられているのでしょうね。

だた、臍は現代では刺禁穴となっていたはずなので、急を要する場合以外は刺さないようにするか、刺さない針を使った方がよいかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。