スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集29 丹毒之針

鍼道秘訣集第二十九章 丹毒の針です。

丹毒と云うは、總名にして軽重に仍て苦からざる瘡(かさ)と、大事なるとの分(わかち)あり。
俗の諺に早瘡(はやくさ)と云うが大事にして、俗醫多くは驚風(きょうふう)と見迷う。
軽きをば脾疳(ひかん)なりなど云て藥違いにて多く死(ころ)す事、腹の見様に口傳ある事を知ざれば最もなり。
此の書を見玉ふ本道針醫、今日よりして此の病症見損じ毛頭したまうべからず。
丹毒にて死を退(の)がれしむる事大きなる善根なり。此上にても見違いあらば是非(ぜひ)無きなり。
扨(さて)、此の習は男の子は右の脾の募、肺先より鳩尾へ向けて邪氣あり。又は章門へかけて邪氣あり。女の子は左の章門、肺先、脾の募より鳩尾へ邪氣指し込みありて搐溺(ひくめく)。
驚風に似たり。是母の胎内に有し時、母の瘀血を飲みし子必ず加様の症あり。
療治は鳩尾、兩の脾の募、肺先の邪を退け拂らう様に針すべし。
章門の邪氣を追拂(おっぱら)う時は搐溺(ひくめき)止むなり。
驚風とは各別(かくべつ)に違いあれども、腹觀分知らざれば見違いあるも最もなり。


丹毒というのは総名である。軽い症状と重い症状によって問題のないものと大事になるものがある。
俗に言う早瘡(はやくさ)とうものが大事になるもので、医者の多くは驚風と間違える。
軽ければ脾疳(ひかん)であると言って、違う薬を出してしまう為にほとんどの人を殺してしまうのは、腹の診方に口伝がある事を知らないからである。

この書を観ている本道医は、今日からこの病を診そこなうことはなくなる。
丹毒による死を逃れさすのは大きな善根である。それでも見間違うのならばどうしようもない。

さて、この習いは男の子は右の脾募、肺先より鳩尾か章門へ向けて邪氣がある。
女の子は左の章門、肺先、脾募より鳩尾へ邪気があって動悸がある。
これは驚風に似ている。
この病気は母親の胎内に入るときに、瘀血を飲んでしまった子に現れる。
治すには、鳩尾、兩脾募、肺先の邪を退け払うように針をする。
章門の邪気を追い払うことができれば動悸が止む。

驚風とは全然違うが、腹による見分け方を知らないと見間違いが起こる。


この章では丹毒について書かれています。
丹毒は驚風の症状と似ているとのことですが、どう違うかはよく分かりませんでした。多分ここまで書いてるからには似ているのでしょう。
男の子では右脾募、肺先より鳩尾もしくは章門へかけて邪気がある。
女の子では左章門、肺先、脾募より鳩尾へ邪氣があって、動悸がある。
とのことなので、治療としては鳩尾、兩脾募、肺先の邪を払う針をするようです。 おそらく勝ち引きの針でしょう。

驚風との違いが分かればいいんですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。