スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集32 瘧毋之針

鍼道秘訣集第三二章 瘧毋の針です。

瘧毋(かたかい)とは世俗の諺(ことわざ)なり。軽ろき疳(かん)なり。
左の脾の募より肺先、章門へ下りて、邪氣あり。又は右の脾の募、肺先、章門より出るもあり。何れにも一方よりして出る。
世の詞(ことば)に双貝(もろかい)と云うときは兩方より出て鳩尾へ指し込む。此時大事となる。
一方より出る時、専に邪氣を退る時は愈ゆる。兩傍らより出て心の臟に込み入る時は治し難しとす。
治療、其の邪を見分け針すべし。何れの病にても邪氣目あてなり。


瘧毋とは世間の言葉である。軽い疳である。
左脾募から肺先、章門にわたって邪氣がある。又は右脾募、肺先、章門から出るものもある。
どちらにしても一方からでる。
俗に言う双貝(もろかい)は、両方から出て鳩尾に差し込むように現れる。これは重症である。
一方から出る場合は邪気を退けるに専念すると治る。両傍らより出て心臓に入り込むときは治すのが難しい。
治療にはその邪を見分けて針をする。どんな病にも邪気を目当てにする。


この章では瘧毋(かたかい)について書かれています。
瘧毋(かたかい)とは軽い疳ということなので、軽い疳の虫ということですね。

前章では脾疳と肝疳について邪氣はそれぞれの名前の部分にあるということでしたが、
瘧毋の場合は左右どちらかの脾募から肺先、章門にわたって邪気があり、双貝(もろかい)の場合は両脾募から鳩尾に差し込むように邪気があるようです。

この症状も他と同様、邪気を退けるように針をするようです。
今回で小児の病について終わりました。
丹毒、驚風、疳、瘧毋の症状をきちんと見分けて治療できるようになりたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。