スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集34 胃氣有無之大事

鍼道秘訣集第三十四章 胃の氣の有無の大事です。

胃の氣有る病人は、病い重くとも死なず。
たとへ病軽くとも、胃の氣甲斐無き時は死に趣くなり。
一説の習いに、食胃に入りて後に胃を診(う)かぶに、動脉来たるを胃の氣有りとして、食後に動脉胃の腑に来ざるを胃の氣無しと云う。指の腹を以て診(う)かぶなり。
六脉無き時、此の胃腑より邪氣出て兩脾、鳩尾を塞ぐ故なれば、脾の募、胃邪を拂(はら)い退(の)ぞく時は六脉出る。
是尤も秘事とする事なり。善善(よくよく)是巻を得心して給まわば、病い愈す事手の裏(うち)に有り。


胃の気の有る病人は病気が重くても死なない。
たとえ病気が軽くても、胃の気が全然ない人は死ぬだけである。
食後に胃の腑を診ると動脈があるのを"胃の気がある"と言い、食後に胃の腑を診ても動脈が無いのを"胃の気が無い"という。指腹によって診る。
六脈が無いとき、この胃の腑より邪気が出て、邪気が両脾募、鳩尾を塞いでいるのであれば、脾募、胃の邪を払うと六脈が出てくる。
これは秘事とするとことである。しっかりとこのことを心得たなら、病気を治すのも楽になる。


この章では胃の気について書かれています。
現代でも胃の気についてかかれた書籍がたくさんあるように、胃の気を診ることは治療家にとって大事なことといえますね。

さて、夢分流では食後に胃の腑に動脈があるかないかで判定しているようです。夢分流の胃の腑はまさに胃のあるところなので、動脈による判断は胃が正常に働いているのを確認するのと同じですね。胃が働いていないと、五臓に後天の気を分け与えることができないので臓腑に栄養が回らない。すなわち死ぬということなんでしょう。

ここで書かれている六脈というのがなにを指しているのか分かりません。胃の腑と神闕は含まれていそうですが、他の四脈は何でしょうね。ひょっとしたら忘れがちな四つの脈(動氣、動氣の乱、相火、相火の乱)でしょうか?相火の乱は死脈なので取り上げられるのもおかしな話ですが…。

とりあえず六脉がないときで、胃の腑から邪気が出て、邪気が両脾募、鳩尾を塞いでいるのであれば、脾募、胃の邪を払うと六脈が出てくるようです。

胃の気をちゃんと診れるようになれば、病気の治りの早い遅い、もしくはドーゼにも気をつかえるようになると思うので、忘れずに診ておく必要がありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。