スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集35 三焦腑之大事

鍼道秘訣集第三十五章 三焦の腑の大事です。

諸書に三焦は名有りて形無しとも云い、又上中下と分ち三焦の腑と云う由有りて、實の事無し。しかるに、當流にて明らかに知る事、重寶これに過ぎず。
扨、何れの處を三焦の腑と云うなれば、即ち臍中神闕是なり。何を以て云うなれば、父の一滴、水母の胎内に宿る。一(はじめ)臍中に受け留め、夫れ自り日を重さね、月を積みて人と生(な)る。天の一水を生ずるこれなり。
還(また)は伊奘諾(いざなぎ)伊奘冉(いざなみ)の夫婦の二柱の御神、豈に此下に土(くに)なからんやとて、天の御鉾(みほこ)を下ろし掻探(かきさぐ)り給えば、鉾(ほこ)の滴(したたり)凝(こ)って一の嶋(しま)となる。をのころ嶋これなりと神書に有る事、茲(この)義なり。
臍即ち一身のくくりとす。設令(たとえ)ば、袋の口を結(くく)るが如し。
此故に神闕とも三焦の腑とも號して、生死、病の善悪を神闕の動脉にて知る事、四つの脉に證(あら)わす。
最も秘すべし。是れに付き、口傳(くでん)數多(あまた)これ有り、委(くわ)しくは奥田意伯門人と成りて印可の上にて相傳有るべきなり。


諸書に三焦は名前があっても形が無いともいい、又上・中・下と分けて三焦の腑という理由があって、実際の記述はない。
だから夢分流にて明らかになっているので重宝するだろう。
さて、どこの部分を三焦の腑であるかというと、それは臍中の神闕である。どうしてそうなのかというと、父の精子と母の胎内に宿り、最初は精を臍中に受け取り、日を重ねて、月が過ぎると人となる。
天の一は水を生ずるというのがこれに当たる。
また、イザナギノミコトとイザナミノミコトの夫婦の二柱の御神(みかみ)はこの下に国を作ろうと、天の御鉾を下ろしてかき混ぜられ、鉾の滴りが固まって一つの島となった。これは淡路島のことであるとい古事記に載っているのはこの義である。
臍は即ち一身のくくりである。例えば袋の口をしばるようなものである。
この理由で神闕とも三焦の腑とも言って、生死、病の善悪を神闕の動脈によって知ることを四つの脉証で表す。


この章では三焦の腑について書かれています。
これまで何回かでてきた"神闕の脈"というのが三焦の腑にあたるようです。
古事記に書かれているおのころ嶋(淡路島)のできかたの古事のように、臍は身体の中心であるとしています。
"天の一水を生ずるこれなり。"とは、確か書経に書かれていた説だったと思うんですが、五行の順番と数字の配当によるものです。
すなわち、北水の一、南火の二、東木の三、西金の四、中央の五です。
また、天・地・人の三才によって天は一、地は二、人は三とも表すこともあり、これが合わさったものです。
生死、病の善悪を神闕の動脈によって知る事を四つの脈証によって示しているみたいですね。
前章ででてきた六つ脈は普通の寸口脈診を指してるかもしれないです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。