スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼道秘訣集39 産後針之大事

鍼道秘訣集第三十九章 産後針の大事です。

是の習いも印可の上にての相傳事なり。
子産まれ難し時は臍下五寸横骨[…]此の如く針する時は安すく生ず。
産まんと欲していきむ勢い、中極、横骨に聚まる。故に、氣塞がりて産ず。之に依って右の處に針して聚まる氣を散す時は道開て産まるるなり。散ずる針を用うべし。
又、血暈(けつうん)の時は臍下二三寸、兩腎の間に火曳の針を立て、上氣を引き下ろす時は、目眩(めまい)止む事妙なり。たとへ目眩無くとも、三十一日の内に二三度程火曳の針を立てる物なり。
此外の産後の療治口傳多し。


この習いも許可の上での相伝ごとである。
子供が生まれにくいときは、臍下の五寸の横骨穴に[…]のように鍼をすると安産になる。
子供を産もうとしていきむ勢いは中極穴、横骨穴に集まる。したがって、気が塞がってしまうので産まれない。
だから前述の所に鍼をして集まった気を散らした時には産道が開いて産まれるものである。散ずる針を用いる。
また、血暈の時には臍下2~3寸の両腎間に火曳の針を立てて上気を引き下ろすと眩暈に大変効果がある。
たとえ眩暈がなくても、31日の内に2~3度は火曳の針を立てるものである。


この章では子供を産むときの針と産後の針についてのことが書かれています。
子供を産むとき、横骨穴(臍中央の下方5寸、前正中線の外方5分)に[…]のような感じで針をすると安産になるようです。
その理由としてはいきむと中極穴と横骨穴に気が集まってしまってふさがってしまうからです。
横骨穴に気があつまってしまうと、産道が開かないので難産になってしまうようです。

また、子供の産んだ後の事も書かれています。
基本的に臍下2~3寸の両腎間に火曳の針を立てて上気を下ろすようです。
産後には上實下虚になりやすいということでしょうか。
眩暈を指標にしていて、眩暈がなければ1か月の間に2~3度は火曳の針をすると良くなるそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kouitsu

Author:kouitsu
新米鍼灸師です。
元々違う分野を勉強していましたが、ある時身体の調子をくずしてしまい、その過程で東洋医学に興味を持ちました。

はじめてこのブログへこられた方はこちらをお読みください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター
FC2ランキング
メールフォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ページ
日めくりカレンダー
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。